第64回全日本大学サッカー選手権大会、30年ぶりの関西対決に決着

趣味・娯楽 高校生

関西学院大が初の栄冠…全日本大学サッカー選手権大会
  • 関西学院大が初の栄冠…全日本大学サッカー選手権大会
  • 関西学院大が初の栄冠…全日本大学サッカー選手権大会
  • 関西学院大が初の栄冠…全日本大学サッカー選手権大会
日本サッカー協会は12月19日に浦和駒場スタジアムで開催された第64回全日本大学サッカー選手権大会決勝戦の結果を発表した。30年ぶりとなった決勝戦の関西対決は、関西学院大が阪南大を4-0で下して優勝した。

決勝戦は関西リーグ1位の関西学院大と同2位の阪南大が対戦。関西学院大は関西リーグ得点王の呉屋大翔選手が累積警告で出場停止。トップ下の出岡大輝選手を1トップに上げて試合に挑み、夏の総理大臣杯とあわせて夏・冬の全国大会二冠を達成した。

試合の立ち上がりは、阪南大が主導権を握る展開となり、左サイドの外山凌選手、ボランチの重廣卓也選手がチャンスを作った。先制点は関西学院大だ。14分に福富孝也選手が左サイドバック・小川原一輝選手からボールを受け、出岡選手にパス。出岡選手がこれをゴールに突き刺した。関西学院大は28分、37分にも得点。41分には、出岡選手が4点目を挙げ、ハットトリックを達成した。

阪南大は後半、関西学院大のパスの出しどころ、サイドからの起点をつぶしてシュートまで持ち込ませることがなかったものの、4-0のまま試合は終了。関西学院大が、大会初優勝を手にした。

表彰式では、2年連続のフェアプレー賞に阪南大、最優秀選手に主将でDFの井筒陸也選手が選出。ベストGKに上田智輝選手、ベストDFに米原祐選手、ベストMFに森俊介選手、ベストFWに出岡大輝選手が選ばれた。

関西学院大が初の栄冠…全日本大学サッカー選手権大会

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)