音声ガイドや道案内、スタンプラリー…都立公園散策アプリ4/1登場

デジタル生活 未就学児

「Tokyo Parks Navi」恩賜上野動物園チラシ
  • 「Tokyo Parks Navi」恩賜上野動物園チラシ
  • 「Tokyo Parks Navi」使用イメージ
  • 「Tokyo Parks Navi」恩賜上野動物園チラシ
  • 操作画面
  • 「Tokyo Parks Navi」浜離宮恩賜庭園チラシ
  • 「Tokyo Parks Navi」浜離宮恩賜庭園チラシ
 東京都は、都立公園散策のための無料アプリ「Tokyo Parks Navi」の配信を、4月1日より開始する。対象となるのは、浜離宮恩賜庭園と恩賜上野動物園。園内の詳細情報をはじめ、道案内やイベントなどの情報が簡単な操作で入手でき、園内を楽しく散策する手助けになるという。

 「Tokyo Parks Navi」は、園内の詳細な情報を、テキストや音声、動画で提供。浜離宮恩賜庭園では、園内の28のガイドスポットに近付くと端末が自動で反応、庭園の歴史をはじめ、普段見ることのできない御茶屋の中のようすなどを知ることができる。

 恩賜上野動物園の園内124スポットでは、設置されているタグにタッチ(またはQRコード読込み)すると、目の前の動物についての情報や近くで見られなかった動物の動画を見ることができる。

 恩賜上野動物園では、スタンプラリー機能で設定されたスポットを巡り、スタンプを集めると賞品をもらうことができる。ガイドスポットによってはクイズもあり、ゲーム感覚で楽しく散策ができる。

 また、「道案内機能」で園内を効率的に散策することができるほか、イベントなど園の最新情報を入手できる「お知らせ機能」で、事前にどんな見所があるのか調べたり、園内で撮影した写真を地図上で見たりすることができる。

 アプリは多言語に対応しており、ダウンロードするとスマートフォンの設定言語に合わせて5言語6種類(恩賜上野動物園は4言語)から自動的に言語を選択。選択した言語でテキストや音声、動画による園内ガイドが流れるので、海外からの旅行者も安心して利用できる。

 アプリは4月1日からダウンロード可能。スマートフォンやスマートデバイス(AndroidOS4.0以上、iOS8.0以上)に、Google PlayまたはApp Storeから無料でダウンロードできる。なお、アプリ導入にともない、これまでの貸出専用端末(ユビキタスコミュニケーター)を使った庭園情報サービスは、3月31日をもって終了する。
《塩田純子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)