【夏休み2016】ライフイズテック「IT・プログラミングキャンプ」受付開始

 ライフイズテックは7月下旬から8月までの夏休み期間、「Life is Tech!中高生のためのIT・プログラミングサマーキャンプ2016」を開催する。参加費は通いプランで5万6,200円から、宿泊プランで10万8,700円から(税別)。5月9日までの申込みで早割が適用される。

教育イベント 中学生
中高生のためのIT・プログラミングサマーキャンプ2016 (写真は昨年のようす)
  • 中高生のためのIT・プログラミングサマーキャンプ2016 (写真は昨年のようす)
  • 中高生のためのIT・プログラミングサマーキャンプ2016 (写真は昨年のようす)
  • 中高生のためのIT・プログラミングサマーキャンプ2016 (写真は昨年のようす)
  • 中高生のためのIT・プログラミングサマーキャンプ2016 (写真は昨年のようす)
  • 中高生のためのIT・プログラミングサマーキャンプ2016 (写真は昨年のようす)
 ライフイズテックは7月下旬から8月までの夏休み期間、「Life is Tech! 中高生のためのIT・プログラミングサマーキャンプ2016」を開催する。北海道大学、東大、早稲田大、慶應大、九州大など全国の人気大学を会場に、中高生4,500人を対象に行われる国内最大級のプログラミングキャンプ。

 2016年のサマーキャンプでは、「iPhoneアプリ開発コース」「映像編集コース」「Webデザインコース(HTML/CSS)」「ゲームクリエイター入門コース」など全14コースを用意。北海道大学、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、名古屋大学、立命館大学、大阪大学、九州大学の全国6都道府県11会場9大学を会場に、最新IT技術を学び、「想像する力」「つくる技術」の習得を目指す。

 当日は5~6人の少人数グループに1人の大学生インストラクターがつき、それぞれの進捗や趣向に合わせて開発・制作をサポート。一部のコースを除き、パソコンやプログラミングがはじめてでも安心して参加できる。また、PCレンタルも有料で行っている。PCを持ち込む場合は、事前に自分で環境構築を行う必要がある。

 キャンプのプランは、会場となる大学に自宅から通う「通いプラン」と、用意された宿泊施設から通う「宿泊プラン」がある。日程は4日間、5日間、8日間のいずれかとなっており、各会場によって参加できる日数が異なる。参加費はプランおよび日数によって変わり、たとえば4日間の日程に参加する場合、通いプランで5万6,200円、宿泊プランで10万8,700円(いずれも税別)。

 申込みの締切りは開催時期によって異なり、7月25日~8月14日開催分は6月30日まで、8月15日~31日開催分は7月11日までに申し込む。なお、5月9日までに申し込むと、3,000円割引が適用される。各コース・日程ともに満席になり次第、申込み終了する。申込みは現在、サマーキャンプWebサイトで受付中。

 なお、2016年は2015年に行われた同サマーキャンプで募集した3,000人より1.5倍となる4,500人の中高生を募集する。会場は随時、追加予定。詳細はライフイズテックWebサイトで順次公開される見込み。

◆中高生のためのIT・プログラミングサマーキャンプ2016
対象:中学生・高校生
会場:北海道大学、東京大学、慶應義塾大学、早稲田大学、上智大学、名古屋大学、立命館大学、大阪大学、九州大学
コース:各コース・日程、参加費、申込方法など詳細はWebサイトで確認が必要
【iPhone・Androidアプリ】
iPhoneアプリ開発コース、Androidアプリ開発コース
【デザイン・アート・ミュージック】
メディアアートコース、映像編集コース、アニメーションコース、デザイナーコース、デジタルミュージックコース、初音ミクV3コース、LINEスタンプクリエイターコース
【WEB制作】
Webデザインコース(HTML/CSS)、Webサービス開発コース(Rudy)
【オリジナルゲーム開発】
ゲームクリエイター入門コース(2D)、Unityゲームプログラミングコース(2D・3D)、MINECRAFTプログラミングコース
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)