東北大学、全固体リチウムイオン電池の新負極材料を開発

教育・受験 大学生

世界で初めて大環状有機分子を電極に使った全固体リチウムイオン電池
  • 世界で初めて大環状有機分子を電極に使った全固体リチウムイオン電池
東北大学原子分子材料科学高等研究機構(AIMR)の磯部寛之主任研究者、佐藤宗太准教授と折茂慎一主任研究者の共同研究グループは、全固体リチウムイオン電池の新しい負電極材料を開発した。

今回、世界で初となる「大環状有機分子がリチウムイオン電池負電極の好適材料となる」ことが示された研究成果となった。新しい分子材料「穴あきグラフェン分子(CNAP)」は、汎用されている黒鉛(グラファイト)電極の2倍以上の電気容量を実現し、大容量は65回の充放電後でも保たれた。

共同研究グループは、分子材料内に精巧につくりこんだ細孔が、大きな電気容量の秘密であることを解明したとしている。新材料のもとは防虫剤などに使われている「ナフタレン」で、これを化学の力により「大容量電池のための材料」に変換できることを示した。

最先端の研究力を持つ有機化学の力によって近い将来、高性能電池のための分子材料が自在に設計されることを期待させる成果となったとしている。

今回の研究成果は、国際学術雑誌スモール誌(Small)に掲載された。

東北大学の共同研究グループ、全固体リチウムイオン電池用負極材料を開発

《レスポンス編集部@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)