近大発「うなぎ味のナマズ」Peach機内食として数量限定販売

生活・健康 その他

「近大発うなぎ味のナマズごはん」(イメージ)
  • 「近大発うなぎ味のナマズごはん」(イメージ)
  • 「近大発うなぎ味のナマズごはん」
  • 「たこシャンピーチロゼ」
  • 「『たこ昌』のたこ焼」
  • 「和風ピクニック弁当」
 Peach Aviationは6月1日より、機内食「PEACHDELI」を夏メニューにリニューアルする。夏メニューでは、「近大発うなぎ味のナマズごはん」を約700食の数量限定で販売する。価格は1350円。

 「近大発うなぎ味のナマズ」とは、近年、供給量が減っているうなぎの代替魚を意図して、近畿大学の有路昌彦教授が開発したナマズだ。日本で一般的なマナマズ(真鯰)の食味は泥くさく身に脂がないためうなぎには遠いが、餌と水質を改良してこれをうなぎに近付けた。「近大発うなぎ味のナマズ」は、Peach機内食の「おもろい・美味しい」という商品企画に合うことから食材として採用された。

 「近大発うなぎ味のナマズ」の販売対象路線は、国内線では飛行時間が90分以上の全て路線、国際線では、沖縄(那覇)~ソウル(仁川)線往復と東京(羽田)発~台北(桃園)行きを除く、全ての路線。

 その他、昨年の夏メニューにも登場した、たこ焼きと合わせて飲むためのスパークリングワイン「たこシャンピーチロゼ」(1000円)が再登場する。これはPeach機内での限定販売だ。また粉もんメニューの、「『たこ昌』のたこ焼」(750円)や「老舗『千房』の豚玉」(800円)も販売が継続される。また「和風ピクニック弁当」(900円)の売り上げの一部は、開発途上国の農業支援にあてられる。

世界初の食材「うなぎ味のナマズ」がPeach機内食に登場

《高木啓@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)