時の小宇宙「和時計改」に迫る、サイエンス・カフェ札幌6/12

趣味・娯楽 大学生

北海道大学高等教育推進機構科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
  • 北海道大学高等教育推進機構科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)
 北海道大学高等教育推進機構オープンエデュケーションセンター科学技術コミュニケーション教育研究部門が主催するイベント「サイエンス・カフェ札幌」が6月12日に紀伊国屋書店札幌本店にて開催される。定員は80人で、参加費、予約ともに不要。

 今回で88回を数える同イベントでは「カエルの先生 時計作りの達人に迫る~時の小宇宙を生み出す独創性の解明~」と題し、北海道大学高等教育推進機構教授の鈴木誠氏と、独立時計師・菊野昌宏氏をゲストに迎え、オリジナリティと造形の美しさに定評のある菊野氏製作の腕時計「和時計改」を作りあげた独創性の秘密に迫る。

 鈴木氏の担当する「蛙学(あがく)への招待」は、授業を通して将来研究者として必要な問題解決の視点と手法をマスターするために開講された北大の名物講座。鈴木氏は、コンピテンス基盤型科学教育の創造や北欧の生物教育だけでなく、学習意欲の測定や意欲を高める授業デザイン、そして学生の問題解決能力の育成を目指して日々研究を重ねているという。鈴木氏による講義は多くの北大生から「今まで受けた中で最高の講義」との声を受けており、自身はエクセレント・ティーチャーにも選出された経験を持つ。

 菊野氏は、陸上自衛隊を経て時計の道を目指し、世界で初めて自動割駒式和時計を腕時計サイズとして制作。結果、制作した「不定時法腕時計」が認められ、2013年に個人で独創的な時計を作る職人の国際的団体であるAHCIに日本人として初めて正会員として迎えられた。2015年に発表された「和時計改」は年産1本の受注生産方式を採る。日本だけでなく、海外からも高い評価を受けているという。

◆第88回サイエンス・カフェ札幌「カエルの先生 時計作りの達人に迫る~時の小宇宙を生み出す独創性の解明~」
日時:6月12日(日)16:00~17:30(開場15:30)
会場:紀伊国屋書店札幌本店1F インナーガーデン
定員:80人
参加費:無料(予約不要)
《田邊良恵》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)