家族の居場所をスマホで共有、SOS発信機能を備えた「みまもりマップ」

デジタル生活 未就学児

同サービスの利用イメージ。災害発生時に家族や特定の仲間がどこにいるかをマップ表示でき、いざという時には救援を求めることも可能だ(画像はプレスリリースより)
  • 同サービスの利用イメージ。災害発生時に家族や特定の仲間がどこにいるかをマップ表示でき、いざという時には救援を求めることも可能だ(画像はプレスリリースより)
  • 平常時は家族や特定グループ間のみまもり&位置情報共有サービスとして使えて、災害時には安否確認やSOS発信ツールとして使える(画像はプレスリリースより)
 ソフトバンクとウィルコム沖縄は、新サービス「みまもりマップ」を30日から提供開始することを発表した。災害発生時に家族間でお互いの居場所をマップで共有したり、助けが必要な時には、登録した相手や周囲に対してSOSを出すことができる。

 同サービスは、通常時利用と災害時利用の2つの機能を持ち、通常時には、家族などをグループ登録してお互いの居場所を確認する「いまここシェア」と、グループ登録メンバーが指定したエリアに到着したことを知らせる「ついたよ通知」が利用可能。

 災害時に関しては、災害発生エリアにいる「みまもりマップ」利用者と、グループ登録者へ災害情報通知を行う「災害エリア通知」と、「みまもりマップ」利用者に向けて救援を求めることができる「SOS発信」機能を備える。

 Android4.03以降に対応しており、利用料金は基本的には無料。ただし、グループの管理者となる場合は、SoftBankとY!mobileのスマートフォンの「スマートフォン基本パック」「スマートフォン基本パック-S」(月額500円)、または「位置ナビ」(月額200円)の月額料金が必要。そしてグループ管理者にメンバーに登録されれば、そのユーザーは上記の機能を無料で利用できる

 また、災害情報の通知およびSOS発信・確認については、SoftBankとY!mobileのスマートフォンだけでなく、他社のスマートフォンでも無料で利用することが可能となっている。

家族の居場所をスマホで共有できる「みまもりマップ」

《防犯システム取材班/小池明@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)