【夏休み2016】国内外の人気旅行先ランキング、海外1位は今年もあの国

趣味・娯楽 その他

夏休み旅行人気ランキング トップ10(海外) 提供:日本旅行業協会(JATA)
  • 夏休み旅行人気ランキング トップ10(海外) 提供:日本旅行業協会(JATA)
  • 夏休み旅行人気ランキング トップ5(国内) 提供:日本旅行業協会(JATA)
  • 日本旅行業協会(JATA)
 日本旅行業協会(JATA)は、2016年夏休みの旅行について人気の方面や傾向などの動向調査を行い、その結果をランキングにまとめ発表した。旅行先でもっとも人気なのは、海外が「ハワイ」、国内が「北海道」。旅行する時期は、国内外ともに8月がもっとも多かった。

 調査は、JATA会員会社の社員438人を対象とした夏休みの人気方面調査と、大手ホールセーラー7社を対象とした夏休みの販売動向調査を行い、2016年夏休みの旅行傾向についてとりまとめたもの。

 海外の旅行先ランキングではトップ10を発表。1位は前年と変わらず「ハワイ」。ファミリーを中心にどの世代にも安定した人気だという。2位はハワイ同様にどの世代にも人気の「台湾」。3位は女性に人気の「シンガポール」。前年から大きく躍進したのは、9位の「韓国」(前年19位)と10位の「カナダ」(前年15位)。このほか、7位の「オーストラリア」(前年10位)もシドニー線の増便などによりファミリーでの旅行が増えているという。

 国内の旅行先ランキングではトップ5を発表。1位は新幹線開業で注目されている「北海道」。道南だけでなく全体に人気だという。2位は本島・離島ともに人気の「沖縄」。3位の「東京(TDRを含む)」は、ディズニーシー15周年などで人気が継続しているという。4位はUSJを中心に人気の「大阪」。5位は新幹線効果が継続している「北陸」。このほか、北海道新幹線の開業効果による「東北+函館」や、大河ドラマ「真田丸」でゆかりのある「信州」も人気が高いという。

 旅行する時期は、前年9月のシルバーウィークの反動があり、国内・海外ともに予約は前年同期と比べて9月より8月が好調。海外旅行の時期では、近場のアジア方面は各月に大きな差はないが、長期で行くオセアニア(対前年同期比165.3%)やアメリカ・カナダ(同120.6%)などの方面は8月が人気。また国内旅行の時期についても、全体でみると予約の高い順に8月(対前年同期比101.7%)、7月(同98.2%)、9月(同92.3%)となった。
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)