三味線や日本舞踊、伝統文化を学ぶ学童保育「鎌倉学び舎」9/1開校

教育・受験 小学生

1日体験会のようす
  • 1日体験会のようす
  • 「鎌倉学び舎」古民家内のようす
  • 日本舞踊を学ぶ
  • 三味線を学ぶ
  • 校舎は緑あふれる環境の中
  • 三味線の講師を務める荻江寿愼氏
  • 鎌倉学び舎
 9月1日、鎌倉市内の小学生を対象とした学校では学べない学びを提供する学童保育サービス「鎌倉学び舎(かまくらまなびや)」が、緑あふれる鎌倉山の古民家に開校する。日本の伝統文化とグローバルな力を養う新しい形態の学童保育施設だ。

 鎌倉学び舎は、鎌倉山の古民家にて「鎌倉」に縁のある伝統文化の担い手や職業人と子どもたちが深く関わる場を提供する、鎌倉ならではの教育を実現した学童保育。鎌倉山の緑あふれる場所に昭和初期に建てられた古民家には、リフォームを経ながらも建築当初の貴重な建具がそのまま残されており、子どもの情操教育にも最適だという。敷地内には畑が、近隣には大きな市営公園が2つあり、自然に触れながら育つことができる環境が整っている。

 鎌倉学び舎では、三味線・日本舞踊・茶道・華道・書道の5つの伝統文化による継続的な学びを通じて、日本人としての所作や心の美しさを体得した世界に通用する人材を育成する教育や、表具師、CMディレクター、バレリーナ、画家など、鎌倉に縁のあるさまざまな職業人をゲストとして招き、小学生と語り合う場を提供することで将来の職業選択についての多様な価値観を育成する教育を行う。

 また、問題発見力や困難に直面した際に自分の力で分析、解決し、乗り越えていくための問題解決力をグループワーク形式で育成するなど、特徴ある教育を提供する。さらにグローバル化が進む社会で活躍するための「英語力」を身に付けるプログラムも組まれている。

 9月の開校にあたり、7月17日には「日本舞踊&三味線1日体験会」を開催。鎌倉学び舎にて、日本舞踊と三味線の両方かどちらか1つを体験できる。対象は年長~小学5年生までの子どもとその保護者で、定員は15名。参加を希望する場合は、Webサイトを参照のうえ問い合わせ先へ事前申込みが必要。日本舞踊体験を希望する場合は、浴衣一式を着用または持参する。

 学童保育の利用料金は、週1回の受講で月額1万9,750円(税別)から。週5回まで受講可能なほか、小学校休校日の午前預かりや昼食提供、送迎などのオプションも用意されている。

◆日本舞踊&三味線1日体験会
日時:7月17日(日)13:30~16:00
場所:鎌倉学び舎(鎌倉市鎌倉山1-17-3-A)
対象:年長~小学5年生までの子どもとその保護者
定員:15名 先着順
参加費:2つ体験で1,500円、1つ体験で1,000円
持ち物:日本舞踊体験を希望する場合は、浴衣一式(白足袋、腰紐2本、帯)
※自宅で着付け可能な場合は着用して参加、現地での着付けも可能
申込方法:メールか電話で申し込む
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)