手持ち&スタンド対応、フルHDの2WAYデジタル顕微鏡

デジタル生活 小学生

 サンワサプライは8月26日、フルHDの高解像度で出力可能なHDMI出力ポート搭載のデジタル顕微鏡「400-CAM057」を発売した。価格は2万2,963円(税別)。手持ちとスタンド固定の両方に対応したスコープにより、人の手や植物なども自由に観察できる。

 一般的な顕微鏡はスタンドにスコープが固定されているが、今回発売のデジタル顕微鏡「400-CAM057」は、スコープをスタンドから取り外しできる。そのため、スコープ固定式では観察しにくい、人の手や壁なども自由に観察することが可能。また、スタンド固定にも対応しており、対象物を安定した観察や撮影もできる。

 倍率は、光学倍率ズーム20~220倍対応で、肉眼では見えない細部をディスプレイに拡大して観察可能。明るさ調整可能なLEDを8個内蔵し、暗所や接写撮影でも明るく撮影できる。

 本体にmicroSDを挿入すれば、撮影ボタンを押すだけで簡単に静止画を保存できる点も特徴だ。インターバル撮影対応で、時間による状態変化の観察に便利。パソコンと接続すれば、microSD未挿入時にPCカメラとして使える。モバイルバッテリーからの給電にも対応しているため、電源ケーブルの長さを気にせず使用できる。

 製品は、パソコン周辺機器の通販サイト「サンワダイレクト」にて販売している。

◆デジタル顕微鏡「400-CAM057」
価格:2万2,963円(税別)
本体サイズ:約W33×D33×H185mm
重量:約83グラム(スコープ本体のみ)
付属品:専用スタンド、USB-ACアダプター、約1mのUSBケーブル、約3mのHDMIケーブル、プレパラート、ガラスプレートなど
※microSDカードは付属していない

《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)