六甲山スノーパーク、未就学児「スノイルキッズスクール」体験会

 兵庫県神戸市の六甲山スノーパークは、今シーズンの営業を2016年12月3日より開始する。

趣味・娯楽 その他
六甲山スノーパーク、12/3シーズンオープン
  • 六甲山スノーパーク、12/3シーズンオープン
  • 六甲山スノーパーク、12/3シーズンオープン
  • 六甲山スノーパーク、12/3シーズンオープン
  • 六甲山スノーパーク、12/3シーズンオープン
兵庫県神戸市の六甲山スノーパークは、今シーズンの営業を12月3日より開始する。

今シーズンはメインゲレンデに新型製氷機を導入。従来機の約2.4倍となる約240トンの造雪が可能になり、11月1日~12月2日まで造雪作業を行う。

メインゲレンデの造雪は、プレート式アイスクラッシャーシステム方式で実施。製氷機から空気圧を利用してパイプを通し、ゲレンデに出雪する。オープンまでに合計約240トンの雪山となる約64山を造り、雪上車でオープン前日に平らにならしてゲレンデを造り上げる。

また新型製氷機の豊富な造雪量を活かし、シーズン序盤から第2ゲレンデが滑走可能となるよう滑走可能面積の拡大を目指す。シーズン終盤の営業期間の延長も予定している。

11月5日・6日・12日・13日には、プレイベントとして3歳~6歳の未就学児を対象とした「スノイルキッズスクール」体験会を開催。12日・13日は雪あそびイベントを行う。

六甲山スノーパークの営業期間は12月3日~2017年4月2日を予定。営業時間は、月~木曜日9:00~19:00(18:30受付終了)。金曜日、休日設定日は9:00~22:00(21:30受付終了)。スノーランドは9:00~17:00、休日設定日のスノーボード滑走可能時間は16:00~22:00。

六甲山スノーパーク、12/3にオープン

《美坂柚木@CycleStyle》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)