見えるか「オリオン座流星群」 東京は21時に東の空に放射点

生活・健康 その他

 流れ星は見えるだろうか。オリオン座流星群の観察ピークがやってきた。10月21日現在、気になる天気状況は西日本、東日本ともに曇り。雲の隙間からの観察となりそう。東京では午後9時、東の空に放射点があるオリオン座が昇り始めるため、気長に流星の出現を待ってみよう。

 オリオン座流星群は、ハレー彗星を母天体とする流星群。アストロアーツは「10月21日の未明から明け方、もしくは22日の未明から明け方」が観察に適しているとアドバイスしており、さらに国立天文台は「ほしぞら情報」で「前後4~5日間の未明」も見頃としている。21日、22日を逃しても、数日間は流れ星が期待できそうだ。

 ウェザーニュースが10月21日に更新した天気情報によると、西日本からだんだんと高気圧の中心が離れ、前線に近い九州では雨の予報。ユーザーからのリアルタイム天気を10分ごとに反映しているスマートフォンアプリ「ウェザーニュース」の星空Ch.でも、10月21日午後7時45分現在、九州からは雨の報告が目立つ。北関東や東北の一部では晴れているようだ。

 残念ながら観察機会に恵まれない場合は、オリオン座流星群のようすを全国3か所から生中継する「オリオン座流星群特別番組」を活用しよう。24時間生放送の天気番組「SOLiVE24」をはじめ、ウェザーニュースのWebサイト、YouTube LIVE、ニコニコ生放送、LINELIVEなどから視聴できる。

◆オリオン座流星群特別番組
放送日時:2016年10月21日(金)23:00~25:00
配信予定メディア:ウェザーニュースのWebサイト、SOLiVE24、YouTube LIVE、ニコニコ生放送、LINELIVE、Flesh by ameba、FacebookLIVE、Mキャス
《加藤ゆい》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)