教育改革の時代、保護者の「サバイバル術」講演会…早稲アカ12/3

教育イベント 保護者

早稲田アカデミー
  • 早稲田アカデミー
  • 早稲田アカデミー 「改革に後れないためのサバイバル術」 詳細
 早稲田アカデミーは12月3日、TKP市ヶ谷カンファレンスセンターで小中学生の保護者を対象とした教育講演会「改革に後れないためのサバイバル術」を開催する。早稲田アカデミー生でなくとも参加可能。申込みはWebサイトから行う。

 学習指導要領改訂、高大接続改革、大学入学希望者学力評価テスト(仮称)、英語4技能、アクティブラーニングなど、保護者の価値観では「太刀打ちできない」とされる教育改革が進んでいる。講演会では早稲田アカデミー本社教務部次長・高校受験部門統括責任者の酒井和寿氏と早稲田アカデミー本社教育事業推進部・英語研究課責任者の川村宏一氏が登壇し、教育改革の概要や英語教育、「教育パラダイムシフトに立ち向かう処世術」について講義する。

 対象は小中学生の保護者。申込みを希望する場合は、早稲田アカデミーWebサイト内「インフォメーション」から、申込みフォームに必要事項を記入のうえ申し込む。早稲田アカデミー塾生の保護者だけではなく、一般生の保護者も聴講可能。

 なお、当日は早稲田アカデミー各校舎で「小4・5・6実力診断 早稲アカ夢テスト」および「公立中学進学講演会」が実施されており、「公立中学進学講演会」でも同講演会資料を配布する予定。

◆早稲田アカデミー「改革に後れないためのサバイバル術」
日時:2016年12月3日(土)10:00~11:30
場所:TKP市ヶ谷カンファレンスセンター
費用:無料
申込方法:早稲田アカデミーWebサイトの申込みフォームから申し込む
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)