まるで魔術? カード・サイコロ・電卓で算数マジック…学研プラス

趣味・娯楽 小学生

 学研プラスは、小学生向けの数字マジックキット「かんたんマスター 算数マジックキット 数の魔術師」を12月6日に発売した。対象は小学校3年生以上。本体価格は1,800円(税別)。マジカルカードやサイコロ、電卓を用いたマジックができる。

 「かんたんマスター 算数マジックキット 数の魔術師」は、付属の電卓、サイコロ、マジカルカードを使って、魔術のような13種類の「算数マジック」が楽しめる「エンタメ系」キット。簡単な足し算・引き算・かけ算ができれば誰でも実演でき、算数が苦手な児童でも「数の世界のふしぎ」を実体験できるため、自然に算数に興味を持つようになるという。

 キットには数字のトリックが隠された複数の「マジカルカード」を封入。「高速暗算カード」は、カードを並べてできる6つの大きな数を、あっという間に足し算できるマジックに利用するカード。どのカードでも、どの順でも、「超高速」で答えを導き出せるという。「誕生日当てカード」は、1~31の数字がバラバラに書かれた5枚のカード。どのカードに誕生日が書いてあるかを相手から教えてもらうだけで、その者の誕生日がわかる。さらに、「心を読むタロットカード」は、まず、相手に好きな動物を1つ心の中で選んでもらう。それぞれのカードに選んだ動物が「いる」か「いない」かを聞くだけで当てられる。少しアレンジすれば、友達の好きな子もあてられるという。

 付属のサイコロと電卓でも定番の算数マジックができる。「マジカルサイコロ」は、サイコロを見ずに、相手が振ったサイコロの目を当てられる。相手がランダムに動かしたサイコロの目を、透視で当てるマジックもできるという。そのほか、「マジカル電卓」は、電卓に打ち込んだ数字の並びを一瞬でひっくり返したり、相手に選んでもらった数字をゾロ目にしたりするマジックなどができるアイテムだ。

 見てびっくり、種を知ってまたびっくり、見る方も実演する方も楽しめるという。学研プラスは、「数」をあやつる魔術師になって、家族や友達をびっくりさせよう、と呼びかけている。

◆かんたんマスター 算数マジックキット 数の魔術師
価格:本体1,800円(税別)
発売日:2016年12月6日(火)
購入方法:Amazon、楽天ブックス、セブンネット、学研出版サイトなどで取り扱う
《池野サキ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)