【センター試験2017】1日目の難易度は?日本史A「やや難化」・倫理「易化」など

教育・受験 高校生

センター試験2017
  • センター試験2017
  • 東進ドットコム
 東進ドットコムは、センター試験1日目に実施された地理歴史・公民の難易度の公開を開始した。午後3時45分現在、公開されているのは地理歴史の日本史B/日本史A/地理B、公民の現代社会/倫理/倫理、政治・経済。

 日本史Bは「昨年並み」、日本史Aは「やや難化」、地理Bは「やや易化」、現代社会は「やや易化」、倫理は「易化」、倫理、政治・経済は「昨年並み」と分析している。

 やや難化したとされる日本史Aでは、SNS等で妖怪ウォッチが出題されたことが話題となっているが、東進の全体概観では「図版では『妖怪ウォッチ全妖怪大百科』を出典として、妖怪ウォッチのキャラクターで人気のムダヅカイとロボニャンや、代表作「ゲゲゲの鬼太郎」を世に出した、2015年11月に亡くなったマンガ家水木しげるの『図説妖怪大図鑑』を出典として「新ぬりかべ」と「新ぬらりひょん」が登場した。」と説明されている。

 難易度については例年、予備校により評価が異なるため、これから公開される他校の情報も参考にしていただきたい。
《田村麻里子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)