関心を持った大学ランキング2017、関東1位は早稲田大

教育・受験 大学生

全国の受験生約4万人が「関心を持った大学」ランキング2017(上位5大学)
  • 全国の受験生約4万人が「関心を持った大学」ランキング2017(上位5大学)
  • 全国の受験生約4万人が「関心を持った大学」ランキング2017(上位5大学) 前回調査との比較
  • フロムページ
 資料請求ソリューション「テレメール」や学問発見プログラム「夢ナビ」を展開するフロムページは4月25日、大学受験者が回答した「関心を持った大学ランキング2017」を発表した。全国約4万人の回答をランキングにした結果、関東エリアは早稲田大学、中部エリアは名城大学、近畿エリアは関西大学が1位だった。

 フロムページによる第5回テレメール全国一斉進学調査は、2017年度(平成29年度)センター試験受験者数57万5,967人のうち約51万人を対象に実施。2016年10月5日から2017年4月3日まで、入学することを決定した大学や検討した大学、資料請求までのルート、入学する大学への評価などを調査し、3万9,766人の有効回答者を得た。

 2017年度最新入試データに基づき、フロムページは受験生が関心を持った大学をランキング形式でまとめ、エリアごとの上位5大学を公開した。1位はそれぞれ、北海道・東北エリアは東北大学、関東エリアは早稲田大学、中部エリアは名城大学、近畿エリアは関西大学、中国・四国エリアは岡山大学、九州・沖縄エリアは福岡大学に決定した。

 近畿エリアでは前回(2016年度入試データ)2位だった関西大学が1位に、前回1位の立命館大学は3位となった。九州・沖縄エリアでは、私立大学の福岡大学が首位に立っている。都市圏では私立大学、地方では国立大学が上位となる傾向は、前回調査から変化なかった。

 関東1位の早稲田大学は、北海道・東北エリア15位、中部エリア12位、近畿エリア14位、中国・四国エリア17位、九州・沖縄エリア14位と、全国で安定的な回答を得た。関東2位は明治大学、3位は慶應義塾大学、4位は法政大学、5位は日本大学。なお、1位の早稲田大学は3,055票、2位の明治大学は2,595票だった。

◆全国の受験生約4万人が関心を持った大学ランキング2017
<関東>
1位 早稲田大学
2位 明治大学
3位 慶應義塾大学
4位 法政大学
5位 日本大学
6位 東京理科大学
7位 立教大学
8位 中央大学
9位 青山学院大学
10位 上智大学
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)