【大学受験2017】東大・京大、第1段階選抜(足切り)の合格発表

 東京大学と京都大学は2月8日、平成29年度(2017年度)前期日程試験第1段階選抜の合格者を発表した。東京大学はすべての科類で第1段階選抜を実施した。京都大学は法学部と経済学部(文系)、薬学部、農学部で第1段階選抜を実施しなかった。

教育・受験 高校生
東京大学の平成29年度一般入試(前期日程)第1段階選抜合格者の最高点・最低点および平均点
  • 東京大学の平成29年度一般入試(前期日程)第1段階選抜合格者の最高点・最低点および平均点
  • 東京大学の2次試験出願状況
  • 京都大学の平成29年度一般入試志願者数および第1段階選抜合格者数(一部)
  • 京都大学の平成29年度一般入試出願状況(一部)
 東京大学と京都大学は2月8日、平成29年度(2017年度)前期日程試験第1段階選抜の合格者を発表した。東京大学はすべての科類で第1段階選抜を実施した。京都大学は法学部と経済学部(文系)、薬学部、農学部で第1段階選抜を実施しなかった。

 東京大学は、入学志願者が各科類の募集人員に対する予定倍率に達した場合、大学入試センター試験の成績により第1段階選抜(いわゆる足切り)を行い、その合格者に対して第2次学力試験を行う。2月2日に確定した2次試験出願状況によると、各科類の志願倍率は、文科一類3.26倍(第1段階選抜倍率約3.0倍)、文科二類3.18倍(同約3.0倍)、文科三類3.34倍(同約3.0倍)、理科一類2.61倍(約2.5倍)、理科二類3.96倍(同約3.5倍)、理科三類5.42倍(同約4.0倍)。

 また、各科類の合格者数は、文科一類が1,203人、文科二類が1,059人、文科三類が1,410人、理科一類が2,770人、理科二類が1,864人、理科三類が388人。合格者の最低点は、文科一類が571点、文科二類が623点、文科三類が732点、理科一類が660点、理科二類が701点、理科三類が695点であった。第1段階選抜合格者には、「東京大学第2次学力試験受験票(前期日程)」と「受験者心得(前期日程)」などを別途郵送する。前期日程第2次学力試験は2月25日と26日、合格発表は3月10日に実施する。

 京都大学は、定員に対する倍率と大学入試センター試験の得点により第1段階選抜を行い、その合格者に対して第2次学力試験を行う。2月2日に確定した2次試験出願状況によると、募集人数2,658人に対し、志願者数7,875人で、志願倍率は3.0倍。各学部の志願倍率は、教育学部が4.4倍、医学部が3.7倍、工学部が2.9倍などとなった。

 また、各学部の合格者数は、総合人間学部が410人、文学部が684人、教育学部が193人、法学部が779人、経済学部が636人、理学部が783人、医学部が587人、薬学部が221人、工学部が2,683人、農学部が694人。前期日程第2次学力試験は2月25日と26日、合格発表は3月10日に実施。医学部医学科のみ2月27日に面接を行う。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)