【高校受験2017】大阪府公立高校入試の志願状況・倍率(確定)茨木1.49倍ほか

教育・受験 中学生

 大阪府教育委員会は平成29年3月7日、平成29年度(2017年度)大阪府公立高等学校一般入学者選抜(全日制)の志願状況を発表した。各高校の出願倍率は、茨木(普通・文理学)1.49倍、大手前(普通・文理学)1.29倍など。

 全日制の一般入学者選抜は、出願を3月2日と3日、6日に実施した。学力検査を3月9日、合格発表を3月17日に行う。

 確定志願状況は、普通科が募集定員2万7,234人に対して、志願者3万306人、志願倍率1.11倍。専門学科が募集定員2,185人に対して、志願者5,178人、志願倍率2.37倍。また、平均志願倍率は、普通科単位制高校が1.18倍、専門学科のみを設置する高校が1.07倍、総合学科(クリエイティブスクールを除く)を設置する高校が1.11倍、総合学科(クリエイティブスクール)を設置する高校が1.09倍となった。

 志願倍率を学校別にみると、茨木(普通・文理学)1.49倍、大手前(普通・文理学)1.29倍、北野(文理学)1.15倍、天王寺(文理学)1.25倍、四條畷(普通・文理学)1.49倍、三国丘(普通・文理学)1.37倍など。すべての学校・学科の志願者数や志願倍率は、大阪府教育委員会Webサイト内で確認できる。
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)