甲子園歴史館でVR体験、テーマは「甲子園空中散歩」4/4開始

趣味・娯楽 その他

甲子園歴史館VR体験(画像はイメージ)
  • 甲子園歴史館VR体験(画像はイメージ)
  • 甲子園歴史館
 阪神電気鉄道が運営する甲子園歴史館では、2017年4月4日からVR(バーチャルリアリティ)映像の視聴体験を開始する。テーマは「甲子園空中散歩」。映像時間は2分15秒。甲子園歴史館の入館料のみで利用可能。

 甲子園歴史館の「甲子園ひろば」コーナーにて、VR映像の視聴ができる。4月4日から始まる第一弾は「甲子園空中散歩」と題し、2分15秒の映像の中で、甲子園球場のマウンドから見た風景や、間近で見るスコアボードなど、これまでに見たことのない景色を疑似体験する。今後、「高校野球」にちなんだ映像など、順次追加予定だ。

 VR映像は、あらかじめカメラで撮影した360度の映像を、専用の映像再生装置を装着することで、その場にいるような臨場感を体感しながら視聴できるというもの。甲子園歴史館の映像は、ドローンに特設されたカメラにて撮影された。

 甲子園歴史館のVR映像は、入場料のみで利用可能。入場料は大人600円、子ども(4歳~中学生)300円。映像時間は2分15秒。スタッフの案内により、専用の映像端末をセットし視聴する。

◆甲子園歴史館「VR映像」
日時:2017年4月4日(火)10:00~
会場:甲子園歴史館「甲子園ひろば」コーナー
参加費:甲子園歴史館入館料に含まれる(大人600円、4歳~中学生300円)
タイトル:「甲子園空中散歩」
端末台数:3台
映像時間:2分15秒

◆甲子園歴史館
営業時間:10:00~18:00
(デーゲーム開催日は9:00~18:00、11月~2月は10:00~17:00)
※入館は閉館時間の30分前まで
※催し物の開催などにより変更あり
休館日:月曜日(試合開催日、祝日を除く)、年末年始
※その他、館内メンテナンスなどによる閉館あり
入館料:大人600円、子ども(4歳~中学生)300円
場所:阪神甲子園球場外周16号門横
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)