Kei-Net、医師国家試験2017まとめ…合格率は過去10年で最低

教育・受験 大学生

 河合塾の大学入試情報サイト「Kei-Net」は4月7日、「医師・歯科医師国家試験の合格状況」を掲載した。3月に合格発表が行われた第111回医師国家試験と第110回歯科医師国家試験について、受験者数や合格率、大学別合格者状況などをまとめ、解説している。

 第111回医師国家試験は2017年2月に行われ、9,618人が受験、8,533人が合格した。合格率は前年の2016年実施第110回より2.8ポイント減の88.7%で、過去10年で最低となった。男女別では、受験者と合格者の約3割を占める女性の合格率が90.5%と、前年同様に男性の87.8%を上回った。

 2017年新卒受験者の入学年にあたる2011年度入試において、77名の医学科定員増があったことなどから、受験者数は2016年第110回より184人増。内訳は、新卒168人増、既卒16人増だったが、いずれも合格者は減少した。

 大学別の合格率でもっとも高かったのは、自治医科大学100.0%。ついで筑波大学98.2%、名古屋市立大学97.3%、横浜市立大学96.6%、東京医科歯科大学96.3%、順天堂大学96.0%。なお、名古屋市立大学は前年から受験者・合格者ともに38人増となり、合格率が上昇した。

 第110回歯科医師国家試験は2017年1月に行われ、3,049人が受験、1,983人が合格した。合格率は前年の2016年実施第109回より1.4ポイント増の65.0%。大学別の合格率は、東京医科歯科大学の94.1%がもっとも高く、ついで東京歯科大学91.1%、北海道大学86.0%、大阪大学84.4%だった。
《荻田和子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)