GKB48「これからの『教育』の話をしよう3 教育改革×未来の教室」4/18発刊

教育ICT 先生

 4月18日、学校広報ソーシャルメディア活用勉強会(略称:GKB48)による第4回教育カンファレンスの内容を書籍化した「これからの『教育』の話をしよう3 教育改革×未来の教室」が発刊された。電子書籍版は1,200円、印刷書籍版は1,500円(いずれも税別)。

 書籍は、「共感からコラボレーションへの飛躍―10年後の教育環境をイメージして」をテーマに開催した第4回教育カンファレンスから、10人のスピーチを採録。これからの人材を育てる「学びの場」の未来像が、多様な視点で語られている。

 学校広報ソーシャルメディア活用勉強会による書籍は、第3回教育カンファレンスの内容をもとにした「これからの『教育』の話をしよう2教育改革×ICT力」、第1回教育カンファレンスの内容をもとにした「これからの『教育』の話をしよう教育改革×ソーシャル力」が発売されている。

 学校広報ソーシャルメディア活用勉強会は、教育関係者が集まるソーシャルメディア上のグループ。3月現在1,700人以上が参加する。略称であるGKB48の48は、「47都道府県+海外」を指す。GKB48のメンバーは「教育」「ソーシャル」「広報」のテーマのもと、教育への思いを発信・共有し、未来の「教育」をつくることを目指しているという。

◆これからの「教育」の話をしよう3 教育改革×未来
編者:学校広報ソーシャルメディア活用勉強会
発行:インプレスR&D
発行日:2017年4月18日(火)
小売希望価格:電子書籍版1,200円(税別)/印刷書籍版1,500円(税別)
電子書籍フォーマット:EPUB3/KindleFormat8
印刷書籍版使用:A5判/モノクロ/本文114ページ
目次:
はじめに
第1章「未来の教室」を探る
MOOCの動向とJMOOCの現状および今後の展望[福原美三]
第2章プレゼンテーション
01無償のG Suite for Educationで教育と学校経営を変える![田尻慎太郎]
02ICT推進がもたらす学校の進化[簗瀬誠]
03支援活動から生まれた「共感」を子どもたちの教育に[古島尚弥]
04これからを生きる生徒が幸せに生きていくための「ライフ・コース・デザイン」授業を目指して[藤牧朗]
05デジタルネイティブ時代に向けた新しい学校広報-学校広報は“Engagement”の時代へ[千葉友範]
06“オンリーワン発見ゼミナール”実録発表~問題児を社会へ~[三井豊久]
07Eラーニング時代のコーチングの可能性、教育学を超える「学習学」の提唱者[本間正人]
08いま問われている学校の役割-「教える」から「学ぶ」への大転換-[安居長敏]
09未来の教育環境を考えてみよう[渡邉純一]
おわりに
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)