【夏休み2017】真夏の雪合戦や乗馬など「丸の内キッズジャンボリー」

教育イベント 未就学児

 8月15日から17日までの3日間、東京国際フォーラムにおいて参加・体験型イベント「丸の内キッズジャンボリー2017」が開催される。未就学児、小・中学生、保護者を対象に、企業・団体によるワークショップやステージパフォーマンスなど好奇心を刺激する企画が催される。

 2017年で11回目の開催となる「丸の内キッズジャンボリー」は、「子どもたちへ未来の夢を育む感動・発見・驚きを届けたい」という想いをコンセプトに、東京国際フォーラム開館10周年記念事業として2007年からスタートしたイベント。

 2017年も、多くの企業・団体の協力により、ワークショップや参加型体験ブース、ステージパフォーマンスなど、多彩な企画が実施される予定。当日は、「キッズタウン」「ワンダーキャンパス/キッズ図書コーナー」「キッズステージ」「わくわくブース」「キッズスポーツ/キッズ遊園地」「ワンダークラブ」と、大きくわけて6つのプログラムが企画されている。

 「キッズタウン」では、東京消防庁によるレスキュー体験や警視庁騎馬隊による乗馬体験といった貴重な体験ができるほか、新たに真夏の雪合戦も行われる。「ワンダーキャンパス」では「デザイン」をテーマに、食べ物や自然、宇宙などについて学ぶ機会を提供する。「キッズステージ」ではさまざまな分野のアーティストが目の前で熱いパフォーマンスを繰り広げ、「ワンダークラブ」では驚きと感動を詰め込んだセミナーやワークショップが多数開催される。

 入場料は無料。プログラムにより材料費など実費がかかる場合がある。なおプログラムの中には事前申込みがが必要なものもあり、事前申込みは7月11日よりWebサイトにての受付を開始する。各プログラムの内容や参加方法などの詳細もWebサイトで随時発表される予定。

◆丸の内キッズジャンボリー2017
日程:2017年8月15日(火)~8月17日(木)10:00~17:00
会場:東京国際フォーラム
対象:未就学児、小学生、中学生およびその保護者
入場料:無料(プログラムにより材料費などの実費発生の場合あり)
※入退場・見学は自由
※プログラムによっては事前申込みや当日整理券が必要なものあり
事前申込:2017年7月11日(火)より受付開始(詳細はWebサイトで発表)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)