鈴木大地長官や金メダリストが参加、順天堂大無料スポーツイベント7/2

教育イベント 小学生

 順天堂大学は、小学生から大人までを対象としたスポーツイベント「SAKURA未来プロジェクト」シンポジウムVol.2「スポーツの力で子どもの未来を変える」を7月2日に開催する。参加費無料、申込不要。鈴木大地スポーツ庁長官や体操金メダリストも登場する。

 「SAKURA未来プロジェクト」は、スポーツ健康科学部を擁し、これまで世界を舞台に活躍するアスリートや指導者を輩出してきたという順天堂大学が2016年に開始したプロジェクト。国内スポーツの一層の振興とスポーツの力による社会的課題の解決を目指して、アスリート・産学・地域が協働したシンポジウムを開催している。

 2回目となる今回のシンポジウムでは、鈴木大地スポーツ庁長官による講演会「スポーツで子どもの可能性を広げるためにできること」が行われるほか、パラスポーツ(障がい者スポーツ)の1つである日本ゴールボール協会の代表を交えた座談会を実施。また、順天堂大学で助教を務めるアテネ五輪・体操団体金メダリストの冨田洋之氏をはじめとしたスポーツ界の最前線で活躍する有識者を迎え、「世界で活躍するアスリートを育成するにはどうしたらいいか?」をテーマとしたトークセッションも行われる。

 会場には、ゴールボールやボッチャ、車椅子バスケットボールなどパラスポーツの競技体験や紹介展示をする特設コーナーも設け、障がい者スポーツへの理解を深める機会を提供する。参加費は無料、申込不要。小学生から大人まで広く参加できるイベントだ。

◆順天堂大学「SAKURA未来プロジェクト」シンポジウムVol.2
 「スポーツの力で子どもの未来を変える」
日時:2017年7月2日(日)13:00~16:00
場所:千葉県文化会館・大ホール(千葉市中央区市場町11番2号)
対象:スポーツに興味のある小・中・高・大学生・一般の方
参加費:無料
申込み:不要
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)