【高校受験2018】埼玉県公立高の募集人員、全日制800人減

教育・受験 中学生

平成30年度(2018年度)埼玉県公立高等学校募集人員
  • 平成30年度(2018年度)埼玉県公立高等学校募集人員
  • 平成30年度(2018年度)埼玉県公立高等学校普通科募集人員
  • 平成30年度(2018年度) 埼玉県公立高等学校専門学科・総合学科募集人員(1)
  • 平成30年度(2018年度) 埼玉県公立高等学校専門学科・総合学科募集人員(2)
  • 平成30年度(2018年度) 埼玉県公立高等学校定時制課程募集人員
  • 平成30年度(2018年度) 埼玉県立中学校募集人員
 埼玉県教育委員会は6月21日、平成30年度(2018年度)埼玉県公立高等学校および県立中学校の募集人員を発表した。中学校卒業予定者数の減少などに伴い、公立高等学校第1学年の全日制募集数は3万8,720人と前年比800人の減少となった。具体的に、大宮と浦和第一女子は40人減少、川越と川越女子は40人増加など。

 埼玉県の平成30年度中学校卒業予定者は6万4,356人。平成29年度と比較して1,242人の減少となるため、県立高全日制課程に進学すると見込まれる割合を考慮し、募集人員は800人の減少となった。川口市立高等学校の再編統合や中等教育学校への再編整備に伴い、募集校数は139校と3校減少している。

 定時制課程や専攻科については増減はなく、県立伊奈学園中学校についても80人と募集人員に変化はなかった。

 募集人員が増加するのは、大宮東、川口青陵、川越、川越女子、蕨、市立浦和、大宮北の7校。それぞれ普通科を40人増やす。

 募集人員が減少するのは、朝霞西、入間向陽、浦和第一女子、浦和西、大宮、大宮光陵、大宮武蔵野、春日部、川口、川口北、川口東、川越西、越谷北、坂戸西、羽生第一、飯能南、深谷第一、松伏、宮代、鷲宮の20校。いずれもそれぞれ40人減らす。再編統合・整備により減少する人員は280人。

 各高校の募集人員の内訳や前年度との比較は、埼玉県教育委員会Webサイトで確認できる。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)