京王電鉄の絵本「けい太くん」音声付き電子書籍でおしゃべり

趣味・娯楽 未就学児

「けい太くん」の絵本が音声付き電子書籍として発売される。画像は「はしれ!けい太くん」の画面イメージ。
  • 「けい太くん」の絵本が音声付き電子書籍として発売される。画像は「はしれ!けい太くん」の画面イメージ。
  • 「けい太くん」の絵本が音声付き電子書籍として発売される。画像は「なかよし!いのかしら7きょうだい」の画面イメージ。
  • 「けい太くん」の声は釘宮さん(左)、ナレーションは大亀さん(右)が担当する。
関東大手の京王電鉄は6月30日から、同社の公式キャラクター「けい太くん」の絵本を音声付き電子書籍にして発売する。

今回発売するのは、第1弾「はしれ!けい太くん」(2009年発売)と第2弾「なかよし!いのかしら7きょうだい」(2011年発売)を電子書籍にしたもの。発売額は1冊500円。Appleの電子書籍アプリ「iBooks」で販売する。

「けい太くん」の声は、「灼眼のシャナ」の「シャナ」役や「銀魂」の「神楽」役などで知られる釘宮理恵さんが演じる。ナレーションは「幸腹グラフィティ」で「森野きりん」を演じた大亀あすかさん。釘宮さんは2016年7月、京王が制作したマナー啓発動画でも「けい太くん」を演じている。

「けい太くん」は京王線の8000系電車をモデルにしたキャラクター。京王電鉄は「沿線にお住まいのお子様を中心に京王線や井の頭線、沿線地域に親しみを持ってもらう」ため「けい太くん」の絵本を制作しており、2009年から2016年にかけて第3弾まで販売されている。

京王電鉄「けい太くん」音声付き電子書籍に…釘宮さん再び起用

《草町義和@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)