科学の専門家が指導「東京ジュニア科学塾」受付は8/25まで

教育イベント 中学生

 東京都教育委員会は10月2日、平成29年度「東京ジュニア科学塾(第1回)」を開催する。科学の専門家から指導を受けられる無料プログラムで、中学1・2年生が対象。8月25日まで、受講生を募集している。

 東京ジュニア科学塾は、理科・数学などに対する意欲・能力をさらに伸ばし、科学好きの生徒を増やすために平成25年度から実施しているプログラム。平成29年度は10月2日、12月10日、平成30年2月11日の年3回、開催が予定されている。受講生の募集は、各開催日の1~2か月前に行われる。

 現在受講生を募集している第1回は、講師に神戸大学海洋底探査センター長の巽好幸先生を迎え、「世界一の地震・火山大国、ニッポン」と題した講演を実施する。講演では、日本が「世界一の地震・火山大国と言われるのはなぜなのか?」「地震や火山大国日本で暮らしていくための心構えとは?」について紹介する。

 会場は、都庁第一本庁舎前 議会棟1階の都民ホール。東京都内の公立中学校(義務教育学校後期課程、中等教育学校前期課程を含む)の1・2年生を対象としており、会場までは保護者による送迎が必須となっている。定員は230名。受講を希望する生徒は保護者の了解を得てから、Webサイトより「受講申込書」をダウンロードし、郵送またはFAX、メールで申し込む。申込締切りは8月25日。

◆平成29年度「東京ジュニア科学塾(第1回)」
日時:平成29年10月1日(日)14:30~16:30 ※受付14:10~
場所:都民ホール(都庁第一本庁舎前 議会棟1階)
講師:神戸大学海洋底探査センター長 巽好幸先生
対象:東京都内の公立中学校(義務教育学校後期課程、中等教育学校前期課程を含む)の1・2年生 ※保護者による送迎が必須
定員:230名
参加費:無料(交通費は自己負担)
応募方法:保護者の了解を得てから、Webサイトより「受講申込書」をダウンロードし、郵送またはFAX、メールで申し込む
応募締切:平成29年8月25日(金)
※受講の可否については、平成29年9月25日(月)までに郵便にて自宅に連絡する
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)