【夏休み2017】教員が解説、質問会も…京都大学工学部オープンセミナー8/6

教育・受験 中学生

 京都大学は、8月6日に吉田キャンパスで「工学部オープンセミナー」を開催する。対象は中学生と高校生、定員は先着150名。参加の申込みは、Webサイトの専用フォームかFAX、電子メールまたは往復はがきにて、7月30日までに申し込む。

 工学部オープンセミナーは、「ひと・社会・工学 ~工学のいまを知る~」がメインテーマ。工学部の3名の教員が、それぞれの専門分野について最近の研究事例を紹介と解説、質問会を行う。質問会では、進路や大学生活のようすなどについて、講義内容だけでなく幅広い質問ができるという。

 プログラムは、工学研究科建築学科の聲高裕治准教授による「超巨大地震に備える―鉄骨造建物の最新の取組―」、工学研究科物理工学科の稲室隆二教授による「昆虫の羽ばたき飛翔の流体力学モデル」、工学研究科電気電子工学科の白石誠司教授による「スピンを操る~スピントロニクス事始め~」。

 「超巨大地震に備える―鉄骨造建物の最新の取組―」では、超巨大地震に対する最新の取組について紹介。「昆虫の羽ばたき飛翔の流体力学モデル」では、高い運動性能を持つトンボについて、羽ばたき飛翔のメカニズムを流体力学の視点から考える。「スピンを操る~スピントロニクス事始め~」は、電子の持つ機能「スピン」を操るおもしろさを紹介する。

 参加方法は、Webサイトの申込みフォームかFAX、電子メール、往復はがきに、必要事項を記入して申し込む。申込みは、原則としてすべての講義に参加可能なこと。また、一般向けの「工学部公開講座」は、別途予定される。

◆工学部オープンセミナー
日時:2017年8月6日(日)13:30~17:30
会場:京都大学吉田キャンパス 吉田南構内 国際高等教育院棟講義室3F(京都市左京区吉田二本松町)
対象:中学生・高校生
定員:150名(先着順)
参加費:無料
申込方法:Webサイトの申込みフォームかFAX、電子メール、往復はがきに、必要事項を記入して申し込む
申込締切:2017年7月30日(日)
《神山千寿子》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)