国内外のEdTech先進事例が集結「Edvation x Summit 2017」11/5・6

教育ICT 先生

Edvation×Summit 2017
  • Edvation×Summit 2017
  • 「Edvation×Summit 2017」の各ゾーンについて
  • 「Edvation×Summit 2017」の各種チケット
 教育イノベーション協議会が主催する「Edvation x Summit 2017」が11月5日・6日、千代田区立麹町中学校・海運クラブ国際会議場にて開催される。教育・人材育成に特化した国内外の先進事例や教育ソリューションなどを紹介する国際的なカンファレンス。

 「Edvation x Summit 2017」の目的は、新しい教育の選択肢を知ってもらうこと、既成概念にとらわれない教育イノベーターを生み出すこと。教育イノベーション協議会の代表理事である佐藤昌宏氏は、これらの目的を果たすため、一過性のイベントとならないよう、展示だけでなくディスカッションやコミュニティーを重視したアクティブなカンファレンスにするとコメント。また、次代を担う子どもたちも最先端のイノベーションを体感できる場を創ったという。

 当日は、イノベーションを牽引している国内外の先進事例からゲストスピーカーを招待し、基調講演(同時通訳付き)やパネルディスカッションを実施。SXSW EDUの創業者であるRon Reed氏によるオープニングセッションのほか、82歳のiPhoneアプリ開発者 若宮正子氏による「プログラミング教育」をテーマとした講演や、第一学院高校の竹下淳司副理事長、N高校の上木原孝伸副校長らによる「新しい教育のカタチ」パネルディスカッションなどが行われる。

 子ども向けのワークショップも実施され、フォーラムエイトによるVR(バーチャルリアリティ)ソフト「UC-win/Road」を使ったプログラムや、日本マイクロソフトによる学校向けのマインクラフトを使ったプログラミング学習の体験ワークショップなどがある。ワークショップの受付方法などは随時アップされ、現在は一部のプログラミングで申込みを受け付けている。

 展示会 体験デモ・ブースでは、国内外のイノベーションなプロダクツやサービスによる教育ソリューションを展示・体験できる。アーテックのプログラミング教材「アーテックロボ」やレアジョブの学校向けオンライン英会話サービスなどが予定されている。

 そのほか、ビジネスアイデアをイノベーターが審査・アドバイスする「ピッチコンテスト」や事業プランや学校改革・カリキュラムプランなどにイノベーターが個別アドバイスを行う「メンタリング」、懇親会などを実施する。

 参加の際はチケットが必要。価格は、「高校生以下2Dayチケット」が無料、「大学生・大学院生2Dayチケット」が3,000円で、一般は「1Dayチケット」が6,000円。10月20日までは「早割」が適用され、「一般2Daysチケット」が9,000円、「一般2Daysチケット+懇親会(2日分)」が12,000円で購入できる。それぞれのチケット種別と価格、および購入はWebサイトまで。

◆Edvation x Summit 2017
日時:2017年11月5日(日)・6日(月)9:00~18:00 懇親会は20:00まで
対象:教育関係者・保護者・生徒・自治体産業推進担当者・企業研修および人材育成担当者、塾、予備校、通信教育など
会場:
【千代田区立麹町中学校(無料解放ゾーン)】
・Education EXPOゾーン
・Playgroundゾーン
・メンタリングゾーン
【海運クラブ国際会議場】
・Keynoteゾーン
・EdTech ピッチコンテストゾーン
・Meetupゾーン
チケット:「一般1Dayチケット」6,000円
※2017年10月20日までの早割、「高校生以下2Dayチケット」などの学割などあり
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)