カップヌードルミュージアムで縄文体験 1/21・22は土器づくり

趣味・娯楽 小学生

 日清食品ホールディングスは、CSR活動「百福士(ひゃくふくし)プロジェクト」の第20弾として「世界にひとつ!縄文DOKI★DOKI!土器づくり体験プロジェクト」を2018年1月17日~22日まで開催する。会期中の1月20日・21日には縄文土器手づくりワークショップを行う。

 日清食品グループは、社会貢献活動に情熱を注いだ創業者・安藤百福(あんどうももふく)の志を継ぎ、50年間に100の社会貢献を行うCSR活動「百福士プロジェクト」を2008年から実施している。第20弾となる今回は、「国宝応援プロジェクト」の一環として実施。日本の食文化を変えた発明である縄文土器を通して、子どもたちに日本文化への親しみや理解を深めてもらい、より豊かな未来の創造につなげていくことを目的にプロジェクトを開催する。

 会場は横浜・みなとみらいにあるカップヌードルミュージアム横浜。1月17日~22日には、実際に見て触れることのできる縄文土器や縄文時代の文化・習俗をわかりやすく解説したパネル展示を実施する。

 また、1月20日と21日の2日間は、国宝「火焔型(かえんがた)土器」を所蔵する新潟県十日町市博物館の佐野誠市館長と、小学館「和樂(わらく)」の高木史郎編集長を講師に招き世界にひとつだけのオリジナル縄文土器型カップヌードルストッカー(カップヌードルを保存する入れ物)を親子で手づくりする体験型ワークショップを開催する。

 ワークショップは小学生以上の親子が対象。各日2回開催で、定員は各回25組、計100組。参加費として1組500円が必要。参加費で館内の見学もできる。応募期間は11月30日まで。応募多数の場合は抽選となる。

◆百福士プロジェクト第20弾「世界にひとつ!縄文DOKI★DOKI!土器づくり体験プロジェクト」
【展示コーナー】
日時:2018年1月17日(水)~22日(月)10:00~18:00(入館は17:00まで)
場所:カップヌードルミュージアム横浜 3Fエレベーター前
【ワークショップ】
日時:2018年1月20日(土)、21日(日)各日10:00~12:00、14:30~16:30
場所:カップヌードルミュージアム横浜 5Fイベントホール
対象:小学生以上の親子
定員:各回25組(合計100組)
参加費:1組500円(参加費で館内の見学可)
応募方法:Webサイトより募集要項をダウンロードし、必要事項を記入のうえ郵送、メール、FAXのいずれかで申し込む
応募期間:2017年11月6日(月)~11月30日(木)
※応募多数の場合は抽選
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)