ICT社会の生きる力を考える「中高生ICTサミットin久留米」12/17

教育イベント 中学生

 福岡県は2017年12月17日、めまぐるしく変化するICT社会に対応する「生きる力(知識・能力・モラル)」を考え発表する場として「中高生ICTサミット in 久留米」を開催する。参加は無料。12月6日まで申込みを受け付ける。

 AI(人工知能)の開発など、ICTの活用は新たな流れを見せ、急速に変化し続けている。「中高生ICTサミット」では、「ICTの進化で大きく変化する社会の中で必要な知識・能力・モラルについて考えよう!!」をテーマに、次世代を担う中高生が若い感性を豊かに働かせ、社会の変化に対応するための「生きる力」について考え、発表する機会を提供する。

 当日は、第1部としてICTの最前線で活躍する専門家によるICT社会の「今」がわかる講演を実施。第2部では、大学生をファシリテーターに迎えてグループ熟議を行う。中高生、大学生が同じテーマに向き合い、ICTの適正利用について真剣に議論したアイデアをその後の学生生活や将来に生かしてもらうことも目的としているという。

 対象は中学生および高校生で、基本的に学校単位で参加者を取りまとめのうえ応募する。サミットへの参加のほか、参観のみの参加も募集している。参加費は無料。12月6日までメールおよびFAXにて申込みを受け付けている。

◆中高生ICTサミット in 久留米
日時:2017年12月17日(日)10:20~16:00(10:00開場)
場所:久留米シティプラザ 中会議室(福岡県久留米市六ツ門町8-1)
対象:中学生、高校生(引率教員)※参観のみの参加も可
参加費:無料
申込方法:メールおよFAXで申し込む
申込締切:2017年12月6日(水)
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)