なぜ外来生物は増え続けるの?東京ジュニア科学塾2/11

 東京都教育委員会は平成30年2月11日、都内公立中1・2年生を対象とした「東京ジュニア科学塾(第3回)」を開催する。国立環境研究所の生態リスク評価・対策研究室の室長による講演「なぜ外来生物は増え続けるのか?」を実施。受講料は無料、1月26日まで申込みを受け付ける。

教育イベント 中学生
 東京都教育委員会は平成30年2月11日、都内の公立中1・2年生を対象とした「東京ジュニア科学塾(第3回)」を開催する。国立環境研究所の生態リスク評価・対策研究室の室長による講演「なぜ外来生物は増え続けるのか?」を実施。受講料は無料、1月26日まで申込みを受け付ける。

 東京ジュニア科学塾は、東京都内の公立中学校1・2年生が、科学に関する専門家らによる指導を受けることができるプログラム。理科・数学などに対する意欲・能力をさらに伸ばし、科学好きの生徒を増やすことを目的に、平成25年度から実施されている。

 平成29年度の第3回開催では、「なぜ外来生物は増え続けるのか?」をテーマに、国立環境研究所の生態リスク評価・対策研究室の五箇公一室長が講演を行う。参加対象は都内公立中学校(義務教育学校後期課程および中等教育学校前期課程、特別支援学校中等部を含む)に在籍する1年生または2年生、定員330名。会場は新宿区立四谷区民ホールで、参加の際は保護者による送迎が必須となっている。

 東京ジュニア科学塾の受講料は無料。申込みは平成30年1月26日まで受け付けており、2月5日までに受講の可否が通知される。申込み・問合せは、東京都教育庁指導部義務教育指導課 東京ジュニア科学塾担当まで。

◆平成29年度 東京ジュニア科学塾(第3回)
テーマ:「なぜ外来生物は増え続けるのか?」
日時:平成30年2月11日(日)14:00~16:00(受付13:30~)
場所:新宿区立四谷区民ホール(新宿区内藤町87)
参加対象:都内公立中学校(義務教育学校後期課程および中等教育学校前期課程、特別支援学校中等部を含む)に在籍する1年生または2年生
※保護者による送迎が必須
定員:330名
受講料:無料
応募方法:東京都教育委員会Webサイトよりダウンロードできる受講申込書に必要事項を記入し、FAX、メール、郵送のいずれかで「東京都教育庁指導部義務教育指導課」に提出
申込締切:平成30年1月26日(金)
※受講の可否は平成30年2月5日(月)までに通知
《黄金崎綾乃》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)