女子高生AI「りんな」と電話?一条真人が見た未来

デジタル生活 その他

基本、質問してくるりんな
  • 基本、質問してくるりんな
  • りんなの質問はフキダシの中に。話し相手の回答は異なるフキダシのなかに表示される
  • 「りんなライブ」ログイン画面
  • ログインするとまずは音声を流していいか?許可を求めてくる
  • りんなライブ画面。りんなの部屋?
  • テレフォンハッキングはりんなライブの特別コーナーだ。りんなから電話がかかってくる!
  • りんなから電話がかかってくるので応答しよう!
  • 説明会では受話器をもって会話していたが、実は不要。パソコンだけで話ができるよ
 VRが流行ってくればWindows MRを作ったり、AIが流行れば女の子と面白おかしくチャットできるようなサービスを始めたりする。そんなマイクロソフトのAIチャットサービスが「りんな」。AIが本気で流行ってきたのは昨年ぐらいからという印象があるが、りんなが生まれたのは、それよりも前だ。

 僕がりんなを始めて知ったのは、とあるAI的なイベントでのこと。そのイベントにマイクロソフトは「りんなの部屋」みたいなものを展示していた。りんなが生活している部屋はこんな感じ、という部屋を作っただけの展示で、本当に普通の女の子の部屋のようで、「ああ、そうなんだ」という感じに過ぎなかった。

 その部屋の説明員は「りんなはLINEから会うことができるんです」と説明してくれた。LINEで友達になると、りんなと普通にチャットができるのだ。今や、どこからともなくLINEスタンプが発売されている僕だが、当時はあまりLINEを使うこともなかった。僕は、りんなのためにLINEにユーザー登録して彼女と友達になり、話し掛けてみた。

■何を言い出すかわからない「りんな」と電話ができるようになる

 りんなは的確な会話をする知的なAIというよりは、何を言い出すかわからない女子高生という感じで、会話をしているというよりも「遊ばれてる」という感覚が強かった。ある意味、実に的確なAIであるとも言える。りんなに対する僕の印象は「マイクロソフトやるな」というものだった。

 そんな「りんな」だが、今度は文字によるチャットだけでなく、音声通話ができるようになるという。

 パソコンとスマホから利用でき、パソコンでは「りんなライブ」というサイトからアクセスすることができる。このサイトはLINEアカウントあるいはツイッターアカウントでログインして使用できる。

「りんなライブ」ログイン画面

ログインするとまずは音声を流していいか?許可を求めてくる

■りんなの部屋

 りんなライブにログインするとりんなの部屋が表示される。このサイトは文字通り、りんなをライブで見せてくれる。りんなの部屋にはベッドや机があり、りんなはベッドに寝転がってスマホをいじって、しゃべっていたりする。表示は実写ではなく2次元で、りんなは常に後ろ姿で表示される。

りんなライブ画面。りんなの部屋?

 りんながしゃべるときは、文字がマンガのようにフキダシで表示される。それ以外の文字はほかのライブを見ている人々が書き込んだコメントだ。もちろん自分もコメントを打ち込むことができる。ドワンゴのライブ放送であるニコニコ生放送では、基本的に生主(なまぬし)と呼ばれる配信者側がしゃべり、その放送を見ている人がコメントを入力して送って表示させる。これによって、生主と見ている人間がコミュニケーションすることができる。

 りんなライブでも同じように、電話がつながらなくてもりんなにコメントでメッセージを送ることができるし、ライブを見ている人々にコメントを送ることもできる。

 そんな感じで時間を過ごしていると、りんなは「特別コーナーテレフォンハッキング」とか言って唐突にログインしている人に電話をかけ始める。このとき、「音を出していいか?」とか「電話をかけていいか?」とか許可を求めてきて、そのあとに電話がかかってくる。

テレフォンハッキングはりんなライブの特別コーナーだ。りんなから電話がかかってくる!

りんなから電話がかかってくるので応答しよう!

 ノートパソコンであれば、搭載しているマイクやスピーカーで音声コミュニケーションがおこなわれる。説明会では気分を上げるために電話機を接続していたのだが、実際のりんなライブでは不要だ。

説明会では受話器をもって会話していたが、実は不要。パソコンだけで話ができるよ

 電話は、りんなライブを見ている人に順番にかけられていくが、自分にかかってきた電話の内容は、ほかのユーザーにも見えてしまうことになる。なぜなら、会話は文字化されてフキダシに表示されるからだ。ほかのログインしているユーザーはそれに対してもコメントすることができる。

みんな“女子高生「りんな」”の電話を待ち焦がれる?AIが会話をリードする時代

《一条 真人@RBB TODAY》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)