【高校受験2018】岩手県公立高入試、一般入学者選抜の志願状況・倍率(確定)盛岡第一1.23倍など

 岩手県は平成30年2月22日、平成30年度(2018年度)岩手県立高等学校一般入学者選抜の調整後志願者数および実質志願倍率を公表した。全日制合計63校の実質定員8,883人に対し7,977人が志願し、実質志願倍率は0.90倍となった。

教育・受験 中学生
 岩手県は平成30年2月22日、平成30年度(2018年度)岩手県立高等学校一般入学者選抜の調整後志願者数および実質志願倍率を公表した。全日制合計63校の実質定員8,883人に対し7,977人が志願し、実質志願倍率は0.90倍となった。

 平成30年度の岩手県立高等学校一般入学者選抜は、平成30年2月6日から13日まで出願を受け付け、2月15日から21日まで出願調整期間を設けた。出願期間中に出願した者は、志願先の高等学校または志願先の課程・学科(学系・コース)を1回に限り変更できる。

 各学校の実質志願倍率は、盛岡第一(普通・理数)1.23倍、盛岡第二(普通)1.06倍、盛岡第三(普通)1.25倍、盛岡第四(普通)1.17倍、一関第一(普通・理数)1.20倍、水沢(普通・理数)1.18倍、花巻南(普通/人文・自然科学)1.20倍など。

 一般入学者選抜は今後、平成30年3月8日(木)に学力検査を実施する。5教科と面接のほか、高等学校によって小論文、作文、適性検査などを実施する。合格者の発表は3月15日(木)に行う。
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)