東急、2018年10月「渋谷しぜんの国こども園(仮称)」オープン

 東急電鉄は、東横線の地下化によって新たに創出されたトンネル上部の線路跡地に、保育所型認定こども園「渋谷しぜんの国こども園(仮称)」を開園すると発表した。運営者を東香会に決定し、2018年10月1日開園を予定。地域に開かれた子育て環境を提供する。

教育・受験 未就学児
こども園が開園するA棟外観イメージ
  • こども園が開園するA棟外観イメージ
  • A棟こども園 内装イメージ
  • 東急電鉄
 東急電鉄は、東横線の地下化によって新たに創出されたトンネル上部の線路跡地に、保育所型認定こども園「渋谷しぜんの国こども園(仮称)」を開園すると発表した。運営者を東香会に決定し、2018年10月1日に開園予定。地域の子育て支援スペースも併設し、地域に開かれた子育て環境を提供する。

 東急電鉄は、東横線の地下化によって新たに創出されたトンネル上部の線路跡地における再開発計画「渋谷代官山Rプロジェクト」を推進しており、保育所型認定こども園のほか、ホテルなどが入った複合施設として2018年秋の開業に向け準備を進めている。

 渋谷代官山Rプロジェクトの計画地周辺には住宅地が多く、特に新橋地区は渋谷区における保育施設整備の「重点地域」に指定されていることから、プロジェクトの柱の1つとして、こども園を新設する。渋谷区では2017年4月時点で待機児童が266人おり、保育施設の増設や定員拡大などの対策を図っていることから、地域住民のニーズに応え、課題解決の一助となることを目指しているという。

 渋谷しぜんの国こども園(仮称)では、0歳から5歳まで定員114名の園児を受け入れる予定。保育カリキュラムには、多様な体験を提供するべく渋谷代官山Rプロジェクトのホテル宿泊者との国際交流などが取り入れられる予定だ。さらに、通常保育のほか、短時間保育の実施や、保育施設を活用した地域住民とともに楽しめるイベントの開催など、周辺地域と密着し、地域に開かれた子育て環境の充実を目指す。

 また、渋谷川沿いの遊歩道から繋がる自由通路に面する1階には、気軽に立ち寄れるカフェや子育て支援スペース、ワークショップなどが開催可能な情報発信スペースが設けられる予定。プロジェクト全体をとおして、新たな地域の子育て環境と地域の賑わいを創出するという。
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)