トヨタ、事業所内託児施設を新設…約320名を受入れ

 トヨタ自動車は、事業所内託児施設「ぶぅぶフォレスト」を愛知県豊田市平和町に2018年4月2日よりオープンする。

教育・受験 未就学児
事業所内託児施設「ぶぅぶフォレスト」
  • 事業所内託児施設「ぶぅぶフォレスト」
  • 事業所内託児施設「ぶぅぶフォレスト」
トヨタ自動車は、事業所内託児施設「ぶぅぶフォレスト」を愛知県豊田市平和町に4月2日よりオープンする。

世の中のダイバーシティに対する理解が進む中、トヨタ社内でも働き方の多様化が進み、仕事と育児の両立支援を必要とする従業員が増えてきた。現在、トヨタは「ぶぅぶランド」(豊田市トヨタ町)、「ぶぅぶタウン」(豊田市御幸本町)、「ぶぅぶパーク」(愛知県みよし市)と、3つ社内託児施設を持ち、合計約140名の乳幼児を受け入れ可能。今回オープンするぶぅぶフォレストは、敷地面積3116平米で、0歳(産後8週)から小学就学前の乳幼児約320名を受け入れることができ、4つの託児施設で約460名と、大幅に定員が増加する。

ぶぅぶフォレストでは、工場での交替勤務者や、病院の夜勤を伴う看護師など、多様な保育を必要とする従業員の両立支援として、早朝・宿泊保育、本社地域の全工場からのバスによる送迎を導入。交替勤務者の送迎の負担軽減に加え、早期復職を希望する社員、キャリア入社、海外からの帰任者など、多様な人材の活躍を支えていく。

さらに、病気の際にも安心して預けられる病児保育「トヨタ記念病院病児保育施設 ぴーぽらんど」を併設。敷地内のトヨタ記念病院と連携し、専門資格を持つ保育士と看護師が子どもの体調に合わせて対応する。病児保育は社内の利用対象者だけでなく、豊田市在住の地域住民も利用可能。地域と一体になり、仕事と育児の両立を支援していく。

トヨタ、事業所内託児施設を新設 460名の乳幼児を受け入れ可能に

《纐纈敏也@DAYS@レスポンス》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)