高校生が選ぶ「課外活動が充実している大学ランキング」3位慶應、1-2位は?

教育・受験 高校生

 教育進学総合研究所は2018年3月22日、「イベント・行事・サークルなど、課外活動が充実している大学ランキング」を発表した。調査対象の高校生が選んだ1位は「東京大学」だった。ついで、2位「早稲田大学」、3位「慶應義塾大学」など。

 大学についてのアンケート調査は、教育進学総合研究所が全国の大学進学を検討している高校生を対象に実施したもの。質問項目に対し、3校連記で記入してもらい、大学の回答順にそれぞれ3ポイント、2ポイント、1ポイントと集計しランキングを作成した。

 イベント・行事・サークルなど、課外活動が充実している大学は、1位「東京大学」844ポイント、2位「早稲田大学」829ポイント、3位「慶應義塾大学」633ポイント、4位「京都大学」378ポイント、5位「明治大学」266ポイント。国立大、私立大ともに大規模総合大学が上位にランクインした。

 多様な学部をもつ総合大学は学生数が多く、集まる学生もさまざま。そうした背景から課外活動などが充実しており、大学進学を検討する高校生にも情報が伝わっているのではないかと教育進学総合研究所は分析している。

 ランキングは、大学通信が運営する携帯サイト「教育進学総合研究所」に今週のピックアップ記事(無料)として掲載されている。会員登録(月額324円)すれば、「東大・京大に強い高校ランキング」などすべての記事を閲覧できる。

◆イベント・行事・サークルなど、課外活動が充実している大学
1位「東京大学」844ポイント
2位「早稲田大学」829ポイント
3位「慶應義塾大学」633ポイント
4位「京都大学」378ポイント
5位「明治大学」266ポイント
6位「青山学院大学」233ポイント
7位「大阪大学」125ポイント
8位「同志社大学」86ポイント
9位「名古屋大学」80ポイント
10位「近畿大学」76ポイント
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)