2歳から出場できる「元祖最年少レース STRIDER CUP」大阪・東京

 ストライダージャパンは、2歳から乗れるペダルなし幼児用二輪車「ストライダー」を使用したレースイベント「元祖 世界最年少レース STRIDER CUP」を大坂、東京で開催する。大阪ラウンドは2018年6月2日~3日、東京ラウンドは11月3日~4日に実施。

趣味・娯楽 未就学児
STRIDER CUP 大阪ラウンド
  • STRIDER CUP 大阪ラウンド
  • STRIDER CUP 東京ラウンド
  • STRIDER CUP 過去の開催時のようす
  • STRIDER CUP 過去の開催時のようす
  • STRIDER CUP 過去の開催時のようす
  • STRIDER CUP 過去の開催時のようす
  • STRIDER CUP 過去の開催時のようす
  • STRIDER CUP 過去の開催時のようす
 ストライダージャパンは、2歳から乗れるペダルなし幼児用二輪車「ストライダー」を使用したレースイベント「元祖 世界最年少レース STRIDER CUP」を大坂、東京で開催する。大阪ラウンドは2018年6月2日~3日、東京ラウンドは11月3日~4日に実施。4月11日まで大阪ラウンドの2次(抽選)エントリーを受け付けている。

 ストライダーは、ペダルもブレーキもない、米国生まれの「足で地面を蹴って進む、まったく新しいバイク」。2009年の発売以降、直感的に操作でき、自然とバランス感覚を養うことができるとして、全世界で累計出荷台数150万台を突破しているという。

 2010年にスタートした「STRIDER CUP」は、2018年で8回目を数える。参加対象は2歳~5歳の子ども。開催当初は30人程度だった参加者も、ストライダーの人気の高まりとともに増え、いまでは全国各地から約1,600人以上が参加する大会へと成長している。近年ではアジアにも広がりをみせ、中国やタイからの参加者も増加しているという。

 大会テーマ「こどものちから」が表すように、子どもが親の手を離れ1人でさまざまな障害を乗り越えてゴールを目指す姿からは、成長や強さといった「こどものちから」を感じることができる。転んでも1人で立ち上がる姿、我が子の頑張りを応援する保護者、レースの結果や力を出し切れずに泣き出す子どもなど、会場では毎年多くのドラマが生まれているという。

 2018年は、大阪ラウンドが6月2日~3日、東京ラウンドが11月3日~4日のそれぞれ2日間に渡り開催される。各会場とも、2歳~5歳まで年齢ごとに4クラスにわかれてレースを行う。出場クラスによって日程が異なるため、詳細はWebサイトで確認のこと。なお、4月11日まで、LAWSON SPORTSのWebサイトにて大阪ラウンドの2次(抽選)エントリーを受け付けている。エントリーには無料のローソンWeb会員登録が必要。

◆STRIDER CUP 2018
【大阪ラウンド】
日程:2018年6月2日(土)、3日(日)
場所:万博記念公園 太陽の塔裏 お祭り広場(大阪府吹田市千里万博公園1-1)
対象:2歳~5歳
クラス毎の日程:
 2018年6月2日(土)2歳クラス・4歳クラス
 2018年6月3日(日)3歳クラス・5歳クラス
申込方法:2018年4月4日(水)~4月11日(水)まで、LAWSON SPORTSのWebサイトにて2次(抽選)エントリーを受け付ける
※エントリーには無料のローソンWeb会員登録が必要

【東京ラウンド】
日程:2018年11月3日(土)、4日(日)
場所:お台場センタープロムナード 夢の広場 KIDS FES内(東京都江東区青海1-2)
対象:2歳~5歳
クラス毎の日程:
 2018年11月3日(土)2歳クラス・4歳クラス
 2018年11月4日(日)3歳クラス・5歳クラス
申込方法:エントリー受付開始日は決定次第Webサイトで発表
《畑山望》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)