【GW2018】親子で学び体験、アークヒルズ木育イベント5/3-5

 森ビルが運営するアークヒルズは2018年5月3日から5日まで、親子で学び体験できる木育イベント「木とあそぼう 森をかんがえよう with more trees」を開催する。入場無料だが、一部のワークショップは有料。

趣味・娯楽 未就学児
親子で学び体験できる木育イベント「木とあそぼう 森をかんがえよう with more trees」
  • 親子で学び体験できる木育イベント「木とあそぼう 森をかんがえよう with more trees」
  • 「LEARNエリア」では13種類のワークショップを開催
  • 「LEARNエリア」では13種類のワークショップを開催
  • 「LEARNエリア」では13種類のワークショップを開催
 森ビルが運営するアークヒルズは2018年5月3日から5日まで、親子で学び体験できる木育イベント「木とあそぼう 森をかんがえよう with more trees」を開催する。入場無料だが、一部のワークショップは有料。

 「木とあそぼう 森をかんがえよう with more trees」は、遊び・学び・食の体験を通してさまざまな角度から木や森と向き合う企画。会場は「PLAYエリア」「LEARNエリア」「EATエリア」の3エリアで構成されており、都会にいながら親子でのんびりと、木とふれあい、森を感じ、学ぶことができる。

 「PLAYエリア」は、ヒノキ玉を敷き詰めたプールや積み木遊びなど、木を五感で感じられるプレイスペースを展開。新たに登場する「ビー玉あそび“SlowP”」では、全長12mのスロープにカラフルなビー玉を転がして、手や目、耳で楽しむことができる。

 「LEARNエリア」には、「白樺の樹皮で森のしおりづくり」や「自分だけの花かんむりをつくろう」「木のスプーンづくり+スイーツ体験」など13種類のワークショップが登場。ワークショップは、各日午前9時45分より整理券が発売・配布される。なお、「アークヒルズ木とみどりのまちたんけん」のみ、アーク・カラヤン広場内本部テントにて随時参加を受け付ける。

 「EATエリア」では、鹿肉を使ったオリジナルジビエメニューを3日間限定で提供。食を通じて森について考えることができる。

 このほか、普段は公開されていない「ルーフガーデン」の特別オープンや、ガーデンコンサート、街の環境やみどりの大切さを親子で学べる街育プロジェクトなど、数多くのプログラムが用意されている。

◆木とあそぼう 森をかんがえよう with more trees
開催日時:2018年5月3日(木・祝)~5日(土・祝)10:00~17:00
開催場所:アークヒルズ アーク・カラヤン広場
入場料:無料(一部ワークショップは有料)
※ワークショップにより対象年齢や定員、料金が異なるため確認が必要
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)