2018年4月「こと座流星群」22日夜から見頃、北海道は雲なく好条件

教育・受験 その他

2018年4月22日夜から23日明け方の観測チャンス
  • 2018年4月22日夜から23日明け方の観測チャンス
  • 4月22日23時ごろ 東北東の空(東京)
  • 「流星キャッチャー」通知画面サンプル
  • 「流星キャッチャー」動画の再生画面サンプル
 4月こと座流星群が2018年4月22日夜から23日明け方にかけて出現のピークを迎える。北海道や沖縄の先端諸島は雲がなく好条件で流星観測が楽しめそうだ。ウェザーニュースLiVEでは、4月こと座流星群を国内3か所から生中継する。

 ウェザーニューズが4月18日に発表した全国の天気傾向によると、4月こと座流星群が出現のピークを迎える4月22日夜から23日明け方は、高気圧が徐々に東へ離れ、西から低気圧が近づいてくる。広い地域で薄い雲が広がりやすい。

 低気圧に近い九州北部は厚い雲に覆われ、観測は難しそう。一方、低気圧の影響が少ない沖縄の先島諸島や、北海道は好条件で流星観測を楽しめそうだ。そのほかの地域は、薄い雲が広がりやすく、星空はやや見えにくい状況となるものの、観測のチャンスがあるという。

 屋外での観測が難しくても流星を楽しめるよう、「ウェザーニュースLiVE」では、国内3か所から4月こと座流星群を生中継する。また、ウェザーニューズのスタッフが全国3か所の流星中継映像をモニタリングし、流星の確認と同時に動画を編集して、登録者のスマホにプッシュ通知で通知するサービス「流星キャッチャー」を提供する。スマホアプリ「ウェザーニュースタッチ」の「星空Ch.」から登録できる。

 4月こと座流星群は、普段の年はそれほど流星数が多くないが、ときおり突発的に流星数が増加することがあり、過去には国内で1時間に最大90個観測されたこともある。アストロアーツによると、極大時刻は4月23日午前3時ごろと予測されている。上弦の月は午前1時前後には沈むため、それ以降は月明かりの影響を受けずに好条件で流れ星が観察できる。23日未明から明け方にかけて、空が暗いところでは1時間あたり10個程度、空が明るいところや視界が開けていないところでは5個ほどの流れ星が見えそうだという。

◆ウェザーニュースLiVE「4月こと座流星群特別番組2018」
配信日時:2018年4月22日(日)22:00~24:00
配信メディア:ウェザーニュースのウェブサイトのほか、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!、Facebookライブ動画など各種動画サイト
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)