学校銃乱射事件ゲーム、海外でテーマ巡り物議

Steamにて、2018年6月6日に発売が予定されているFPS『Active Shooter』。同作で取り扱っているテーマを巡り、海外で議論が発生している模様です。

趣味・娯楽 その他
近日発売予定のPC向け学校銃乱射テーマFPSが物議―慈善団体もValveに対し削除要請へ
  • 近日発売予定のPC向け学校銃乱射テーマFPSが物議―慈善団体もValveに対し削除要請へ
  • 近日発売予定のPC向け学校銃乱射テーマFPSが物議―慈善団体もValveに対し削除要請へ
  • 近日発売予定のPC向け学校銃乱射テーマFPSが物議―慈善団体もValveに対し削除要請へ

Steamにて、2018年6月6日に発売が予定されているFPS『Active Shooter』。同作で取り扱っているテーマを巡り、海外で議論が発生している模様です。

低価格ゲームを主に手がけるRevived Gamesが制作した同作は、米国などにて度々大きな犠牲を生む、学校銃乱射事件をテーマにしたFPS。プレイヤーは銃乱射に対応するSWATか、犯人のいずれかを選択、それぞれの目的を果たすために行動を行っていくことになります。


本作のゲームとしての作り込みについては不明ですが、Steamストアページでは“印象的なAI”や“現実のシチュエーション”などが特徴として記載。同時に、本作について「ただのシミュレーターでしか無い」と注意を促しています。

BBCが報ずる所によれば、英国の慈善団体“Infer Trust”は、銃乱射を扱った本作の内容を問題視。Valveに対し、同作のSteamからの削除を要請したとのこと。また、Steamコミュニティでは、発売前の時点で多くの意見が投稿されています。


Revived Gamesはこれに対し声明を発表。本作が元々銃乱射事件に対応するSWATのみを扱ったゲームとして開発されたことに言及し、『Hatred』『Postal』『Carmageddon』など、本作より暴力的な大量無差別殺人を取り扱ったゲームが存在しているとしました。

しかし、同時にRevived Gamesは、Valveへと本作の内容について連絡を取ったことを明らかにし、犯人側でプレイ可能な仕様について削除の可能性に触れています。本作の発売が可能であるのかも含めて、どのような決着を迎えるのでしょうか。場合によっては、先日の性的表現に関するValveの排除対応と相まって、更なる議論が発生する可能性も指摘されています。

『Active Shooter』はSteamにて2018年6月6日発売予定。なお、Revived Gamesは発売から72時間内に本作へ「民間人モード」を追加、発売初週中には4人Co-opやマルチプレイヤーの導入を行うとしています。

銃乱射事件を扱ったタイトルとしては、純粋なゲームソフトではないものの、消防署や警察機関、学校教職員向けのVRシミュレーター『EDGE(Enhanced Dynamic Geo-Social Environment)』が存在。この作品の学校教職員向けバージョンでは、プレイヤーが教師、犯人役、警察官役に別れロールプレイを行うことになります。

近日発売予定のPC向け学校銃乱射テーマFPSが物議―慈善団体もValveに対し削除要請へ

《Arkblade》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)