普段のケアから対処まで、小児科医ママの子どもの病気とホームケアBOOK

生活・健康 未就学児

 内外出版社は2018年7月13日、森戸やすみ著「専門家ママ・パパの本」シリーズの第6弾「小児科医ママの子どもの病気とホームケアBOOK」を発行する。

 小児科専門医の森戸やすみ氏が、体調管理のコツから「あせも」などのトラブル対処法、症状別の考えられる病気&ケア方法、医療機関の上手なかかり方までを1冊にまとめた。咳、熱、発疹などの症例から対処法を探せ、「リアルに使える」便利な書籍だという。

 巻末には、肌・喉・目・うんちなどの写真を掲載。そのほか、熱中症、呼吸や脈がない場合などの救急時の対処方法までを網羅する。

 内外出版社は刊行に寄せ、「初めての子育てでは『すぐ小児科に行かないと』と慌ててしまう人も多いでしょう。でも、じつは大体の場合、早く病院に行けば早く治るわけではなく、薬が必要とも限らず、自宅でケアしてあげられることも多い」とアドバイス。普段のケアから不調の際の対処法まで、今回の新刊を参考にしてほしいとしている。

◆小児科医ママの子どもの病気とホームケアBOOK
発売日:2018年7月13日(金)
発行:内外出版社
著:森戸やすみ
ページ数:157ページ
定価:本体1,380円(税別)
《佐藤亜希》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)