近大×新潟大、人工骨解剖実習で耳の構造を学ぼう…大阪10/6

 近畿大学医学部耳鼻咽喉科学教室は新潟大学医学部分子生理学分野と共催で、小中学生を対象とした「子供教育プログラム―耳の構造と仕組み―」を2018年10月6日に大阪国際会議場(グランキューブ大阪)で開催する。参加費は無料で、事前申込みが必要。

教育イベント 小学生
 近畿大学医学部耳鼻咽喉科学教室は新潟大学医学部分子生理学分野と共催で、小中学生を対象とした「子供教育プログラム―耳の構造と仕組み―」を2018年10月6日に大阪国際会議場で開催する。参加費は無料で、事前申込みが必要。

 「子供教育プログラム―耳の構造と仕組み―」では、「聞こえ」を生み出す耳の不思議な仕組みと働きを学ぶために、国内外の臨床医による講義や人工側頭骨の解剖実習を行う。また、人工聴覚器と呼ばれる機械を体内に埋め込んで「聞こえ」を取り戻す最新の医療も紹介する。

 講義では、木琴やモノコード、音叉を使って音の性質を学ぶほか、耳のしくみと働き、基底板運動や有毛細胞の構造などについて学ぶ。人工側頭骨の解剖実習では、4人のグループに分かれ、医師が人工の側頭骨を削開。耳の構造を顕微鏡で観察し、実際に鼓膜や耳小骨に触れる。

 プログラムは、2018年10月3日から6日に開催される「第28回日本耳科学会」に続いて実施される。対象は小学4年生から中学生。小学生は保護者の同伴が必要。参加を希望する場合は、電子メールにて必要事項を明記のうえ送付すること。

◆子供教育プログラム-耳の構造と仕組み-
日時:2018年10月6日(土)14:00~18:00(13:40受付開始)
会場:大阪国際会議場(グランキューブ大阪)12階特別会議場(大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51)
参加費:無料
対象:小学4年生~6年生、中学生 ※小学生は保護者同伴
募集人数:20~25名
申込方法:電子メールにて必要事項を明記のうえ送付する
申込締切:2018年9月20日(木)必着 ※応募者多数の場合は先着順
《工藤めぐみ》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)