脚本家は中学生、フジテレビヤングシナリオ大賞受賞作品「ココア」1/4放送

 南沙良、出口夏希、永瀬莉子の3人を主演に迎えた「フジテレビヤングシナリオ大賞」受賞作「ココア」が放送されることが決定した。放送は2019年1月4日。

趣味・娯楽 中学生
「ココア」(C)フジテレビ
  • 「ココア」(C)フジテレビ
  • 「ココア」(C)フジテレビ
  • 「ココア」(C)フジテレビ
  • 南沙良/『幼な子われらに生まれ』初日舞台挨拶
  • 「ココア」(C)フジテレビ
坂元裕二や野島伸司、浅野妙子らを輩出した歴史ある「フジテレビヤングシナリオ大賞」で第30回の大賞を受賞した「ココア」が、来年1月4日(金)に放送されることが決定。地上派ドラマ初出演で初主演のモデル南沙良、出口夏希、永瀬莉子の3人を主演に迎える。

■ストーリー


渋谷で出会った高校生の灯と、親の仕送りで生計を立てている売れないギタリストの雄介。灯は名前を明かさず、雄介に自分の“友達”の話として、複雑な家庭環境に苦しみ、そして学校ではいじめを受け自殺未遂をしたという「灯」という少女の話を始めて…。

一見、温かい家族の鈴森家の長女・香。しかし、父・賢は不倫、そして母・優子もそのさみしさを埋めるように不倫。両親の裏切りに気づきながらも、平穏な家族の一員を演じていた香だが、ある日我慢の限界に達し、「誕生日に欲しいものは両親の離婚」と、家族に自分の気持ちをぶつけ――。

化石が好きな高校生・志穂は、教室でいつもひとり。同じクラスの人気者・海斗は、孤立している志穂に心を開いてもらおうと追いかけまわす。少しずつ2人の距離が縮まっていったある日、2人で化石を掘りながら志穂はぽつりぽつりと壮絶な過去を語り始める…。

■ほろ苦い記憶を思い起こさせる…


本作は何のつながりもなく、全く別の場所で毎日を送っている3人の女子高校生が主人公。いじめや両親の不倫、それぞれが学校生活や家庭で悩みや後悔を抱えている3人の少女のオムニバスストーリー。

誰もが味わったことのあるほろ苦い記憶を思い起こさせ、生きていく希望をあたえてくれる物語となっているようだ。

■女子高生を演じるのはフレッシュなモデルたち!


主演の3人は、雑誌「nicola」専属モデルで、『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』では映画初主演にして第43回報知映画賞・新人賞を受賞した南沙良、「Seventeen」専属モデルの出口夏希永瀬莉子


渋谷のハチ公前で出会った売れないギタリスト・雄介と言葉を交わすようになるものの、なぜか自分の名前はかたくなに明かそうとしない黒崎灯役の南さんは、「かわいらしくてちょっと小悪魔の灯ちゃんという女の子が私とかけ離れているので、笑。どうやってお芝居をすればいいのか探していました」と演じるキャラクターについて語るも、「灯ちゃんは強がって、自分の中にある芯の部分を隠してしまう女の子なんですが、そこはわかるなって思いました」と共感した部分もあったと話す。


また家庭に悩みを抱える鈴森香役の出口さんは、「初めてのドラマで、現場はピリピリしているのかなって思っていましたが、思ったより怖くなかったです、笑」と現場の印象を語り、「すごく楽しくて、機会があればまた絶対お芝居を頑張りたいなって思いました」と女優業にも意欲を見せた。

そして、「すごく深くて、高校生の私たちの心に響くすてきなお話でした」と脚本ついて語った化石好きの高校生・大沢志穂役の永瀬さんは、「志穂は心を閉ざしているので、普段心情の変化がすごくわかりづらいんですが、気持ちをぶつけるシーンでは、どういう風に表現すれば伝わるかなと考え、向き合いながら演じました。志穂は友達によって心を動かされるのですが、私自身も友達に支えられているので、そういう面では共感できました」とキャラクターについてコメントした。


■“史上最年少”14歳中学2年生の大賞作品がドラマ化


作品「ココア」は、執筆当時、中学1年生の女子生徒が初めて書いた脚本。今回脚本を手掛けた鈴木すみれは、ドラマの撮影現場に陣中見舞いに訪れ、主演女優らと初対面。

「登場人物のセリフを俳優さんが言っているのがすごくうれしかったし、こんなに何度も撮るんだなと思ってびっくりしました」と撮影を見学した感想を語り、主演の3人については「ぴったりと役にはまっていると思って、すごくうれしかったです」とコメントしている。

「ココア」は2019年1月4日(金)23時30分~フジテレビにて放送。

南沙良&出口夏希&永瀬莉子が初主演! 14歳女子中学生が手掛けた脚本がドラマ化

《cinemacafe.net》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)