「かけっこは…」子から親への「子ども川柳」大賞決定

 お出かけ情報サイト「いこーよ」は、10周年を記念して募集した「子どもから親への川柳」と「親から子へのメッセージ」の入選作品を発表した。子ども川柳の大賞は9歳サトヤギさんの「かけっこは ぼくにかたせて おとうさん」。

教育・受験 小学生
「子ども川柳~子どもから親へ、想いよ、届け!」
  • 「子ども川柳~子どもから親へ、想いよ、届け!」
  • 「10年後のきみへ~未来の我が子にメッセージ~」
  • 子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」
 お出かけ情報サイト「いこーよ」は、「お出かけで深める親子の絆と感謝の心」をテーマに募集した「子どもから親への川柳」と「親から子へのメッセージ」の入選作品を発表した。子ども川柳の大賞は9歳サトヤギさんの「かけっこは ぼくにかたせて おとうさん」。10年後の我が子へのメッセージとともに、各4作品が入選した。

 「子ども川柳~子どもから親へ、想いよ、届け!」と「10年後のきみへ~未来の我が子にメッセージ~」の募集は、子どもとお出かけ情報サイト「いこーよ」を運営するアクトインディが、「いこーよ」10周年を記念して企画した。「子ども川柳」の応募総数は326作品、150字以下の文章で募集した「10年後のきみへ」の応募総数は644作品だった。

 「子ども川柳」の大賞は、「かけっこは ぼくにかたせて おとうさん」(サトヤギ/9歳)(カッコ内は投稿者名/年齢)。佳作には、「すてないで ガラクタじゃない たからもの」(こはる/6歳)、「あのねパパ いつもおでかけ たのしいよ」(あかり/7歳)、「プレゼント とどくといいな ママパパも」(あいら/6歳)の3作品が選ばれた。

 「10年後のきみへ」の大賞には、「今アナタの目には何が映っていますか?」から始まり、心身ともに元気であることを願う母親のメッセージが選ばれた。佳作にも、今の我が子に将来の姿を重ねて150文字以内にしたためた母親の3作品が受賞した。

 双方の受賞作品は、「いこーよ」10周年特設サイトにて全文が掲載されている。
《勝田綾》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)