【高校受験2019】京都府公立前期<国語>講評…素材文やや長く

 2019年2月15日(金)、平成31年度(2019年度)京都府公立高等学校入学者選抜について、前期選抜が実施された。リセマムでは、京進の協力を得て、共通学力検査「国語」の講評を速報する。このほかの教科(共通学力検査3教科)についても、同様に掲載する。

教育・受験 中学生
京都府公立前期<国語>講評
  • 京都府公立前期<国語>講評
 2019年2月15日(金)、平成31年度(2019年度)京都府公立高等学校入学者選抜について、前期選抜が実施された。前期選抜の募集人員は5,340人。1万1,370人が志願し、出願倍率は2.13倍となった。リセマムでは、京進の協力を得て、共通学力検査「国語」の講評を速報する。このほかの教科(共通学力検査3教科)についても、同様に掲載する。

前期共通学力検査<国語>講評
(京進 提供)



大問一 論説文 「だしの神秘」伏木亨 〔標準〕
大問二 論説文 「日本人とリズム感」樋口桂子 〔標準〕
大問三 古文 「折々草」 〔標準〕

 論説文2題と古文1題の大問構成には変化はないが、小問数は昨年から2問減少した。素材文は全体的にやや長くなっている。

 読解問題は選択問題が中心。漢字、文法、語句、知識事項もバランスよく出題されている。大問ごとに、本文を学習した後の話し合いという設定で、読み取った内容を適切に表現できるか、「話す・聞く」ことについての注意点が理解できているかなどが問われた。古文は「真間のてこな」という人物の呼び名について、筆者と友人が異なった解釈をしていることが述べられた文章だった。

--
 このレポートは2019年2月15日(金)に、速報として京進により作成されたもの。

 京進は関西・愛知を中心に全国で学習塾、個別指導教室を展開している。最新の脳科学に基づくオリジナル学習法であるリーチングメソッドは、自ら学ぶ力を育む学習法として高い効果を上げている。

協力:京進
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)