【高校受験2019】東京都立高校入試<英語>講評…共通問題・自校作成問題

 平成31年度(2019年度)東京都立高等学校入学者選抜(都立入試)の学力検査が、平成31年2月22日(金)に実施された。リセマムでは、SAPIX中学部(サピックス)の協力を得て、学力検査の「英語」の講評を速報する。

教育・受験 中学生
東京都立高校入試<英語>講評
  • 東京都立高校入試<英語>講評
  • 東京都立高校入試<英語>講評
  • 東京都立高校入試<英語>講評
 平成31年度(2019年度)東京都立高等学校入学者選抜(都立入試)の学力検査が、平成31年2月22日(金)に実施された。東京都が平成31年2月14日に発表した最終応募状況によると、全日制は募集人員3万1,619人に対し4万4,160人が志願し、最終志願倍率は1.40倍。リセマムでは、SAPIX中学部(サピックス)の協力を得て、学力検査の「英語」の講評を速報する。このほかの教科(全5教科)についても同様に掲載する。

<英語>講評(SAPIX中学部 提供)



各校のこだわりがより顕著に。日比谷は英作文に変化あり。西の長文は総単語数3000超え。

東京都立高校入試<英語>講評
 共通問題は、形式・内容ともに2018年から大きな変更はありませんでした。リスニング問題は3年連続で同じ形式でした。

 日比谷は2018年と比べて長文の総単語数が減りました。また、英作文の出題に変化があり、より実用的な記述力が試されました。

 西は総単語数3000を超え、内容をすばやく理解して解答する力が求められたので、苦戦した受検生も多かったと思われます。

 国立は2018年に引き続き、難度の高い理科系の内容を含む対話文が出題されました。

 八王子東は、英単語の意味を説明する英作文が出題されました。その語が用いられる状況を、具体例を交えて説明する必要があり、複数の条件を満たしながら英文を記述する力が試されました。

 戸山は英作文で写真を用いた特徴的な出題がありました。

 青山は長文の総単語数が増え、難度がやや上がりました。

 立川は2018年と同じ形式で、難度もほぼ変化はありませんでした。

 全体として、英作文の出題形式や長文の内容、大問数などで、各校の特徴がより顕著になったと言えます。

東京都立高校入試<英語>講評
--
 このレポートは、平成31年2月23日(土)に速報としてSAPIX中学部が作成したもの。

問題を見る

 SAPIX中学部は、新小学5・6年生、新中学1・2・3年生(現小4・5・6生、現中1・2生)とその保護者を対象に、2019年3月9日(土)から順次「高校入試分析会 ~地域別 入試概況~」および「高校入試分析会 ~志望校別 データ分析~」を実施する。講演内容や会場、申込み方法などの詳細は、SAPIX中学部のWebサイトで確認できる。

協力:SAPIX中学部
《編集部》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)