【高校受験2019】佐賀県立高校、一般選抜志願状況・倍率(確定)佐賀西1.29倍など

 佐賀県教育委員会は2019年2月27日、平成31年度(2019年度)佐賀県立高等学校入学者選抜一般選抜志願状況(志願変更後)を発表した。全日制は募集人員4,119人に対して4,533人が志願し、志願倍率は1.10倍となった。

教育・受験 中学生
 佐賀県教育委員会は2019年2月27日、平成31年度(2019年度)佐賀県立高等学校入学者選抜一般選抜志願状況(志願変更後)を発表した。全日制は募集人員4,119人に対して4,533人が志願し、志願倍率は1.10倍となった。

 平成31年度(2019年度)佐賀県立高等学校の一般選抜は、2月19日・20日に出願、2月25日・26日に志願変更願を受け付けた。

 全日制は募集人員4,119人に対して4,533人が志願し、志願倍率は前年度(2018年度)1.13倍より0.03ポイント少ない1.10倍。定員に満たない学校・学科は9校25学科だった。

 もっとも倍率が高かったのは、佐賀工業(電子情報)1.68倍。ついで、鳥栖工業(電子機械)1.56倍、鳥栖商業(商業・流通経済)1.47倍、唐津南(生活教養)1.44倍、唐津工業(土木)1.44倍。普通科・理数科・芸術科で倍率が高かったのは、佐賀北(普通)1.41倍、白石(普通)1.35倍、佐賀西(普通)1.29倍、致遠館(普通)1.27倍、致遠館(理数)1.21倍だった。

 このほか、唐津東(普通)0.99倍、武雄(普通)0.91倍、鹿島(普通)0.79倍、鳥栖(普通)1.09倍、小城(普通)1.04倍など。

 定時制は募集人員280人に対して61人が志願し、志願倍率は0.22倍。定時制課程をもつ6校7学科すべてが定員割れとなっている。

 今後は、3月5日・6日に学力検査など、3月12日に合格発表が予定されている。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)