【高校受験2019】都立高入試、分割後期・全日制2次募集の応募状況(3/6時点)最高倍率は日比谷34.20倍

 東京都教育委員会は2019年3月6日、2019年度東京都立高等学校入学者選抜における分割後期募集・全日制課程等第2次募集について、応募状況を公表した。全日制62校の募集人員1,443人に対し、1,151人が応募し、応募倍率は0.80倍。最高倍率は、日比谷(普通)34.20倍だった。

教育・受験 中学生
 東京都教育委員会は2019年3月6日、2019年度東京都立高等学校入学者選抜における分割後期募集・全日制課程等第2次募集について、応募状況を公表した。全日制62校の募集人員1,443人に対し、1,151人が応募し、応募倍率は0.80倍。最高倍率は、日比谷(普通)34.20倍だった。

 2019年度東京都立高等学校入学者選抜における分割後期募集・全日制課程等第2次募集は、3月6日に入学願書提出、3月7日に入学願書取下げ、3月8日正午まで入学願書再提出を受け付けた。3月6日時点の応募状況によると、全日制合計の募集人員1,443人に対し、1,151人が応募。応募倍率は0.80倍で、前年度(2018年度)より0.19ポイント増となった。

 全日制課程における各学校・学科の応募倍率は、田園調布(普通)2.05倍、桜町(普通)1.00倍など。もっとも倍率が高かったのは日比谷(普通)34.20倍で、ほかの学校・学科の倍率と大きく差をつけた。東京都教育委員会によると、日比谷高校での第2次募集実施は、現行の単独選抜制度が始まった1994年度以降初めてだという。

 今後の日程は、学力検査などが3月11日、合格者発表が3月15日正午、入学手続きが3月15日と18日。
《桑田あや》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)