「高校生科学教育大賞」4/26まで公募、最大100万円支援

 バイテク情報普及会は2019年4月26日まで、植物バイオテクノロジーと農業を学ぶ高校生を応援する「第3回高校生科学教育大賞」の支援対象となる科学教育活動を公募している。最優秀校、優秀校に選ばれた学校には、活動費用として最大100万円が支援される。

教育・受験 高校生
 バイテク情報普及会は2019年4月26日まで、植物バイオテクノロジーと農業を学ぶ高校生を応援する「第3回高校生科学教育大賞」の支援対象となる科学教育活動を公募している。最優秀校、優秀校に選ばれた学校には、活動費用として最大100万円が支援される。

 「高校生科学教育大賞」は、高校生に「植物バイオテクノロジー」や「持続可能な農業」をより深く学び考えるきっかけにしてもらおうと、バイテク情報普及会が2017年に設立。第2回となった2018年は全国各地の高校から21件の応募があり、審査の結果、最優秀校に広尾学園高校が選ばれ、活動資金として100万円が授与された。

 「第3回高校生科学教育大賞」の募集対象は、高等学校、高等専門学校における学校行事・部活動などの科学活動。生徒自身または一般消費者の「植物バイオテクノロジー」と「持続可能な農業」への理解が促進されるような、実現可能で具体的な科学活動を支援する。活動は国内外を問わない。支援活動の例は、イベント開催、視察見学、事例研究、調査報告、実験など。

 最優秀校(1校)、優秀校(数校)に選ばれた学校に対し、申請した活動費用の一部または全額を支援する。1校あたりの上限は100万円。支援期間は、2019年7月から2020年3月まで。支援金は2019年7月に支給予定。

 申込みは、バイテク情報普及会のWebサイトから申込書をダウンロードし、活動計画や支援金の使用方法などを記載のうえ、メールに添付して送付する。応募締切は2019年4月26日。応募は学校を通じて行い、各校3案件まで。選考結果は2019年6月ごろ、受賞校に通知するほか、バイテク情報普及会のWebサイトで発表する。

◆第3回高校生科学教育大賞
支援期間:2019年7月~2020年3月
応募締切:2019年4月26日(金)23:59まで
募集対象:高等学校、高等専門学校における学校行事・部活動などの科学活動
支援内容:最優秀校(1校)、優秀校(数校)に選ばれた学校に対し、申請した活動費用の一部または全額を支援する(1校あたり100万円が上限)
応募方法:バイテク情報普及会のWebサイトから申込書をダウンロードし、活動計画や支援金の使用方法などを記載のうえ、メール添付にて提出
《奥山直美》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)