絵本プロジェクター「Dream Switch」販売台数10万台突破

 セガトイズは2019年3月、動く絵本プロジェクター「Dream Switch」が発売から1年4か月でシリーズ累計販売台数10万台を突破したと発表した。育児奮闘中の保護者から、「子どもに早く寝なさい、と言うことが少なくなった」と好評だという。

趣味・娯楽 未就学児
 セガトイズは2019年3月、動く絵本プロジェクター「Dream Switch」が発売から1年4か月でシリーズ累計販売台数10万台を突破したと発表した。育児奮闘中の保護者から、「子どもに早く寝なさい、と言うことが少なくなった」と好評だという。

 2017年11月に発売された「Dream Switch」は、30作品の絵本を搭載した動く絵本プロジェクター。絵本に登場するキャラクターや背景が眠りを誘う絶妙なスピードで、ゆっくりと動く絵本となって、寝室の天井に映し出される。物語の音声も収録されており、BGMとゆったりとしたナレーターによる語りが、子どもの耳に心地よく響く。約10分間の物語の前後には、キャラクターが登場し、「素敵な夢が見られるといいね、おやすみなさい」など、子どもと寝る約束をする仕掛けになっており、子どもが自ら寝ようとする自主性を促す

 セガトイズの調査によると、「Dream Switch」を体験した80%以上の子どもが30分以内に眠りについており、育児奮闘中の保護者からも「子どもに早く寝なさい、と言うことが少なくなった」「寝室に移動するのを嫌がっていたのに、今では手を引っ張って寝室に行く」「子どもがすぐ寝てくれるので、夜の家事がはかどるようになった」などの声が寄せられているという。
《外岡紘代》

【注目の記事】

編集部おすすめの記事

特集

page top

旬の教育・子育て情報をお届け!(×をクリックで閉じます)